Location : Home > SC Resolutions
Title : Korea Index

Situation in Korea

 安全保障理事会で採択された決議のうち朝鮮半島情勢に関するもの。

北朝鮮の核開発問題

決議採択日概要
SC/RES/16952006/07/15北朝鮮のミサイル発射を非難
SC/RES/17182006/10/14北朝鮮の核実験を非難
SC/RES/18742009/06/12北朝鮮の核実験を非難
SC/RES/19282010/06/07決議第1874号により設置された専門家パネルの任期を2011年6月12日まで延長

朝鮮戦争

 第2次世界大戦終了時点で、朝鮮半島内部では自国内での意見が集約されず独立国家の建設へと移れなかった状況で、1945年12月に信託統治領となったが、その処遇をめぐり、厳しくなりだした米ソの対立を反映して、南北に2つの国家が成立することとなった。
 北側では1946年2月に金日成を中心とした勢力がソ連の支援を受け朝鮮臨時人民委員会を設立したのに対し、南側では1947年6月に李承晩を中心とした南朝鮮過渡政府が設立された。前者は1948年に朝鮮民主人民共和国の成立を宣言、合衆国はこれを激しく非難した。この動きに対し南部では1948年8月13日に李承晩が大韓民国の成立を宣言した。これに対抗して金日成は9月9日に朝鮮民主主義人民共和国を成立させた。

 その後対立が続いていたが、1950年6月25日、朝鮮人民軍が38度線を越えて南部に攻撃を開始した。(ただし北朝鮮側は「韓国側からの攻撃に反撃した」と主張している。)

決議採択日概要
SC/RES/821950/06/25大韓民国への侵略に対する非難
SC/RES/831950/06/27国際連合による韓国支援を決定
SC/RES/841950/07/07合衆国が司令部を統括することを承認
SC/RES/851950/07/31統一指令部の命令系統を整備
SC/RES/881950/11/08国際連合朝鮮司令部の討議に中国が参加
SC/RES/901951/01/31韓国への侵略問題を問題リストから削除
Updated : 2010/06/10