Location : Home > SC Resolutions > 2008
Title : S/RES/1859 : The situation concerning Iraq

安保理決議第1859号
イラク情勢に関する決議

採択日:2008/12/22
会合:第6059回会合
投票:全会一致
プレスリリース:SC/9556

安全保障理事会は、

 民主的に選出され、憲法に基づくイラク国民統一政府の政治・経済・治安プログラム及び国民和解への課題の具体的な実施における努力を歓迎し、その観点から包括的で平和的な地方選挙の実施をを奨励し、
 同国に関係する過去の決議を想起し、
 同国の独立・主権・統一・領土保全を再確認し、さらに同国国内問題における非干渉の原則の重要性を再確認し、
 同国における進展、特に安全と安定の達成・武装軍及び同国保安部隊の強化における進展に留意し、同様に政治的・経済的分野における同国の進展に留意し、
 連邦制による、民主的で、多元的で統一され人権に全面的に配慮しているイラクに向けた同国政府の継続的活動を歓迎し、
 宗派主義が全面的に排除された情勢に対する同国政府の進展に留意し、包括的政治対話及び国民和解の重要性を強調し、
 安全及び安定に対する国際的支援は同国国民自身の活動だけでなく、国際連合を含むあらゆる関係者の能力が同国国民の福祉にとって不可欠であることを認識し、この観点から決議第1483号(2003)・決議第1511号(2003)・決議第1546号(2004)・決議第1637号(2005)・決議第1723号(2006)・決議第1790号(2007)の下での加盟国の貢献に謝意を表明し、
 同国は、進歩を継続し、国民が平和裏に繁栄するためには地域的及び国際的支援がいまだ必要であることを認識し、
 2008年5月29日付のストックホルム宣言で確認されたように、国際社会との新たな連携を創設し、同国の継続した政治的・経済的・保安の転換並びに地域経済及び国際経済への統合への強い枠組みを構築する、同国政府の主導並びにイラク国際コンパクト(the International Compact with Iraq)の下での継続的進展を歓迎し、国際連合が同国政府とともに同コンパクトを合同で議長を務めることにより重要な役割を果たすことを歓迎し、
 国際連合イラク支援ミッション(UNAMI)の設置を想起し、国際連合は継続して、代議制政府組織を強化し、政治対話及び国民和解を推進し、近隣諸国を奨励し、難民及び国内避難民を含む脆弱な人々を支援し、決議第1770号(2007)及び決議第1830号(2008)に従い人権保護及び司法改革を推進する同国政府の努力の支援において指導的な役割を果たすべきことを再確認し、
 国際社会、特に同国近隣諸国に対し、同国国民が平和・安定・安全・民主主義・繁栄を希求する際の支援を要請し、シャルム・エル=シェイク、イスタンブール、クウェートで開催された拡大近隣国会議(the Expanded Neighbours Conferences)同国の安全と安全を達成するための同国政府の努力支援における役割並びに地域及び国際平和と安全への前向きな結果を歓迎し、また2008年4月22日にクウェートで開催された拡大近隣国会議が支援体制の参照条件を承諾したという事実を歓迎し、本決議の履行成功は地域の安定に貢献することに留意し、
 本決議に添付された2008年12月7日付安全保障理事会議長宛同国首相書簡に留意し、地域の安全と安定に貢献する方法で近隣諸国と平和に生きることへの同国の関与を首相が肯定したことを歓迎し、2008年12月31日に多国籍軍への活動委任期限が終了することを認識し、
 同国における前向きな発展並びに同国における現在の状況は決議第661号(1990)採択時点の状況とは大きく異なることを認識し、さらに決議第661号(1990)採択に先立つ状況と同等である状況を達成する重要性を認識し、
 同国首相書簡は過去の体制から継承した債務を返還し、賠償を支払い、これらが完済されるまで継続して対処する同国政府による責務を再確認し、同国政府が本プロセスを完了させるために活動する際に国際社会の継続的支援を要請していることを認識し、
 イラク開発基金(the Development Fund for Iraq)及び国際諮問監視理事会(International Advisory and Monitoring Board)の重要な役割並びに同国政府の支援にあたり同国民衆の利益のために同国の資源を透明でかつ公正に利用することを保証する決議第1483号(2003)第22パラグラフの条項の重要性を認識し、同国がイラク開発基金及び国際諮問監視理事会の後継機関への移行を準備し、金融専門家委員会(the Committee of Financial Experts)をその中に含む必要性を認識し、
 同国の政治的・経済的移行を阻害するテロ行為は許されないことを再確認し、さらに2005年8月4日付決議第1618号及びその他の関連決議・関連する国際条約、なかんずく同国内外でのまたはその国民に対するテロ活動に関するものの下での加盟国の義務を再確認し、
 同国政府は同国への国際支援の調整において継続して主導的役割を果たすことを認識し、国際支援・同国経済の発展の重要性及び調整された拠出国支援の重要性を再確認し、
 国際連合憲章第7章の下に行動し、

  1. 石油輸出販売・石油生産・天然ガスからの収益のイラク開発基金への積み立てに関し決議第1483号(2003)第20パラグラフにおいて設定された措置並びに決議第1483号(2003)第12パラグラフ及び決議第1546号(2004)第24パラグラフにおいて言及された国際諮問監視理事会によるイラク開発基金の監視に関する措置を2009年12月31日まで延長することを決定し、さらに決議第1546号(2004)第27パラグラフにおいて設定された例外を除き決議第1483号(2003)第22パラグラフの条項は第23パラグラフに記述された基金・金融資産・経済資源を含み上記日付が適用されることを決定する。
  2. さらに上記パラグラフにおけるイラク開発基金に対する収益の積み立てに関する条項及び国際諮問監視理事会の役割に関する条項並びに決議第1483号(2003)第22パラグラフの条項は同国政府の要請があった時点または遅くとも2009年6月15日までに見直しされることを決定する。
  3. 事務総長に対し、最初の報告は遅くとも2009年3月31日までとして3か月に1度安全保障理事会に説明し、イラク開発基金の金融的・機構的監督の強化における進展を含むイラク開発基金及び国際諮問監視理事会の活動に関して半年に1度書面で報告することを要請する。
  4. 国際通貨基金・世界銀行・国際諮問監視理事会委員に対し2009年1月の安全保障理事会で説明を行うことを奨励する。
  5. 決議第661号(1990)に始まる同国に関する決議を見直すことを決定し、この観点から事務総長に対し、同国と協議の上、これらの決議採択に先立つ状況を達成するために同国にとって必要な措置を安全保障理事会により検討するための関連する事実について報告することを要請する。
  6. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

添付文書

Letter dated 7 December 2008 from the Prime Minister of Iraq addressed to the President of the Security Council

Further to our letter dated 31 December 2007 addressed to you, in which we indicated that the extension of the mandate of the Multinational Forces in Iraq (MNF I) would be for one final time; with appreciation for the important role and efforts of those forces in assisting Iraq to achieve security and stability; and in view of the fact that Iraq has signed the Agreement between the United States of America and the Republic of Iraq on the Withdrawal of United States Forces from Iraq and the Organization of their Activities during their Temporary Presence in Iraq, we look forward to the ending of the mandate of MNF-I at the end of 31 December 2008. On behalf of the Government and people of Iraq, I express my gratitude to the Governments of the States that have contributed to those forces and to the forces themselves for the services rendered during their presence in the territory, waters and airspace of Iraq.

Iraq has inherited debts and claims from the previous regime and has made great progress in settling them. However, much remains to be done, and our efforts to settle those claims and debts will require some time. Temporary support from the international community will continue to be required during the coming phase. Therefore, we hope that the international community will continue current protections and arrangements for petroleum, petroleum products, and natural gas from Iraq and the proceeds thereof until such time as the Government of Iraq is able to take the measures necessary to settle those debts and claims inherited from the previous regime. Oil revenues constitute 95 per cent of Government resources, and these claims have an impact on reconstruction and the economic transformations taking place in Iraq, and consequently pose a grave threat to Iraq’s stability and security and by extension to international peace and security.

The Iraqi Government recognizes the importance of the provisions of paragraph 22 of United Nations Security Council resolution 1483 (2003) ensuring that Iraq’s petroleum and natural gas resources and proceeds and obligations arising from sales thereof, as well as funds deposited in the Development Fund for Iraq, shall be used for reconstruction projects and other purposes benefiting the people of Iraq. Therefore, bearing in mind the exception provided for in paragraph 27 of United Nations Security Council resolution 1546 (2004), Iraq requests that the Security Council continue to implement the provisions of paragraph 22 of United Nations Security Council resolution 1483 (2003) until 31 December 2009, including those relating to funds or other financial assets or economic resources mentioned in paragraph 23 of that resolution.

The Government of Iraq believes that the provisions of United Nations Security Council resolution 1546 (2004) relating to the deposit of proceeds into the Development Fund for Iraq will help to ensure that proceeds from Iraq’s natural resources will be used for the benefit of the Iraqi people, as will the role played by the International Advisory and Monitoring Board. The Iraqi Government recognizes that the Development Fund for Iraq plays an important role in helping Iraq to reassure donors and creditors that Iraq is administering its resources and debts in a responsible manner in the service of the Iraqi people. It should be noted that Iraq is attempting, after years of isolation under the previous regime, to form a new partnership with the international community with a view to integrating its economy into those of the region and the world through the International Compact with Iraq, and its efforts were endorsed by more than 90 countries and international organizations in the Stockholm Declaration of 29 May 2008. In view of this, Iraq requests the Security Council to extend the mandates of the Development Fund for Iraq and the International Advisory and Monitoring Board for a period of 12 months, with a review of the extension to be conducted before 15 June 2009 at the request of the Government of Iraq.

The Government of Iraq affirms that it honours its obligations under United Nations Security Council resolutions and follows policies of peaceful coexistence with its neighbours conducive to the security and stability of the region. The Government of Iraq looks forward to recognition by the United Nations Security Council that major positive developments have taken place in Iraq; that the situation in Iraq is fundamentally different from that prevailing at the time of the adoption of United Nations Security Council resolution 661 (1990); and that the time has come for Iraq to regain its legal and international status prevailing prior to the adoption by the Security Council of that resolution and the subsequent sanctions imposed on it under Chapter VII of the Charter of the United Nations.

The Government of Iraq requests that the Security Council include this letter as an annex to the resolution currently being drafted on Iraq, and should be grateful if the President of the Security Council would circulate it to the Members of the Security Council as soon as possible.

(Signed) Nuri Kamel al-Maliki
Prime Minister of the Republic of Iraq
7 December 2008


分野:
地域:S/RES/1830イラク情勢S/RES/1883
採択順:S/RES/1858S/RES/1860
Updated : 2009/01/06