Location : Home > SC Resolutions > 2007
Title : S/RES/1769 : The situation in Sudan

安保理決議第1769号
スーダン情勢に関する決議

採択日:2007/07/31
会合:第5727回会合
投票:全会一致
プレスリリース:SC/9089

安全保障理事会は、

 スーダン情勢に関する過去のあらゆる決議及び議長声明を想起し、
 同国の主権・統一・独立・領土保全並びに平和の要因に対する強い責務を再確認し、その主権を全面的に尊重しながら同国政府とともに活動し、ダルフールにおける様々な問題にとる組む支援を行う決定を表明し、
 2006年11月30日にアブジャで開催されたアフリカ連合平和安全理事会第66回会合におけるコミュニケ同様2007年6月22日に開催されたアフリカ連合平和安全理事会第79回会合におけるコミュニケにおいて支持された2006年11月16日付ダルフール情勢に関するアジスアベバ高官級協議の結論を想起し、アジスアベバ協定及びアブジャ協定を支持する2006年12月19日付議長声明を想起し、さらなる進展を歓迎し、あらゆる関係勢力による遅滞なき全面的履行を要請し、あらゆる関係勢力による補強のためにアフリカ連合スーダンミッション(AMIS; Africa Union mission in Sudan)及びダルフール混合平和維持活動に対する国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージ(the United Nations Light and Heavy Support Packages)の即時展開を調整し、国際連合による指示系統を確保することを要請し、平和と安全の維持に関連する問題において国際連合及び地域機関間の協力は国際連合憲章における集団安全保障の重要な一部であることを想起し、
 女性と平和安全に関する決議第1325号(2000)・人道要員と国際連合要員の保護に関する決議第1502号(2003)・子どもと武力紛争に関する決議第1612号(2005)及びスーダンにおける武力紛争に関連する安全保障知事会の武力紛争における子どもに関する作業部会の付随する結論(S/2006/971)・武力紛争における文民の保護に関する決議第1674号(2006)を再確認し、2007年6月16日・17日両日のアジスアベバ・ハルツームへのミッション報告を想起し、
 2007年6月5日付事務総長及びアフリカ連合委員会議長報告を歓迎し、
 この観点から、2007年6月12日にアジスアベバで定められた同国政府とアフリカ連合/国際連合との高官級協議の結論に詳細が記載され、6月17日にハルツームでの同国大統領との安全保障理事会会合において確認されたように、混合平和維持活動(Hybrid operation)をダルフールに展開することへの同国の合意を賞賛し、
 混合活動は主にアフリカ的特徴を帯び、その部隊はアフリカ諸国からの派遣で構成されるべきであるとのアジスアベバ合意を想起し、
 AMISの展開の成功に対するアフリカ連合の努力並びにその展開に対する加盟国地域機関による支援を賞賛し、国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージによる支援の下、その活動期限終了までダルフール和平協定履行の支援のためAMISの必要性を強調し、同国政府に対し、AMISがその任務を遂行するために必要なあらゆる傷害を除去することを要請し、AMISへの活動委任期限を6か月延長し2007年12月31日までとすることを定めた6月22日付アフリカ連合平和安全理事会第79回会合コミュニケを想起し、
 AMISが必要とする財政的・物流的その他支援への動員の緊急性を強調し、
 国際連合本及びアフリカ連合理事会本部において継続中のダルフールにおける物流体制確立を含む混合平和維持活動の準備、部隊と警察機能の創設、事務総長及びアフリカ連合議長によう本質的な活動方針を最終決定するための合同の継続的努力を歓迎し、さらに混合平和維持活動の効果的運営を確保するための適切な財政的・管理的機構を確立するためになされた活動を歓迎し、
 ダルフール和平協定により提供されたダルフールにおける永続的平和的解決と安全の維持のための基礎に対する信念を繰り返し、協定が署名勢力らによって十分履行されていないこと及びダルフールにおける紛争のあらゆる関係勢力によって署名されていないことを批難し、即時停戦を要請し、あらゆる関係勢力に協定の履行を妨げるいかなる行為もとらないことを要請し、アフリカ連合及び国際連合特使によりトリポリで2007年6月15日・16日に開催されたダルフール情勢に関する第2回国際会議のコミュニケを想起し、
 ダルフールにおける混合平和維持活動に関する事務総長及びアフリカ連合委員会議長報告並びに2007年2月23日付事務総長報告で概括されたように、文民や人道支援活動者に対する攻撃並びに継続的で広範な性的暴力への強い懸念に留意し、これらの犯罪に責任ある者を裁判にかける必要性を強調し、同国政府にそのように行うよう要請し、この観点からダルフールにおけるあらゆる人権の蹂躙及び国際人道法への違反への批難を繰り返し強調し、
 人道支援活動者の安全と支援が必要な人のところへのアクセスに対し深い懸念を繰り返し表明し、ダルフールにおいて支援が必要な人々への全面的で自由かつ妨害されないアクセス、特に国内避難民及び難民に対する人道支援を確保できていないことに関し紛争当事者を批難し、ダルフールの多くの住民が批難し、人道的支援は停戦が維持され包括的な政治プロセスが達成されるまで第一優先事項であることを認識し、
 空爆は行われるべきではなく、そのような攻撃の際に国際連合の標識を用いないことを要求する。
 ダルフールにおいて継続する暴力はスーダンの他の地域のみならず、周辺諸国にも否定的な影響を与えることへの懸念を再確認し、ダルフールにおける長期にわたる平和を達成するために地域の安全に対する側面から対策を講じることを強調し、スーダン政府及びチャド政府に対し2006年2月8日のトリポリ協定並びに付随する2国間協定の下での義務を遵守することを要請し、
 ダルフールの情勢を国際平和と安全に対する脅威と見なし、

  1. ダルフール和平協定及び第18パラグラフにおける交渉の結果の早期かつ効果的履行を支援し、本決議において設定されたように、また2007年6月5日付事務総長及びアフリカ連合委員会議長報告に従い、12か月を活動委任期限とするアフリカ連合/国際連合ダルフール合同平和維持活動(UNAMID)の設置を承認し委任することを決定し、さらにUNAMIDへの委任活動内容は2007年6月5日付事務総長及びアフリカ連合委員会議長報告の第54・第55パラグラフにおいて設定されたものとすることを決定する。
  2. UNAMIDの要員は、AMIS要員と国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージ要員を組み入れ、360名の軍事監視員・連絡将校を含む19,555名の軍需要員並びに各140名からなる19ユニットの機動隊を含む3,772名までの警察要員を含む文民要員から構成されるものとすることを決定する。
  3. アダダ(Rodolphe Adada)アフリカ連合・国際連合ダルフール合同特別代表及びアグワイ(Martin Agwai)司令官の任命を歓迎し、事務総長に対しAMISからUNAMIDへの権限の円滑な移行を行うために必要な指示系統の迅速な確立を要請する。
  4. 全関係者に対し国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージのAMISへの全面的展開とUNAMIDの準備を緊急に調整することを要請し、さらに 加盟国に対し本決議採択後30日以内にUNAMIDへの貢献を決定し、事務総長及びアフリカ連合委員会議長に対し同じ期間内にUNAMIDの軍事力の構成に最終的に合意に達することを要請する。
  5. 以下のことを決定する。
    1. 2007年10月までに、UNAMIDは活動命令を実施する指示系統を整えるための必要な措置を含め本部の初期活動能力を確立し、AMISへのあらゆる展開要員の費用を賄うための財政的手配を行うこと。
    2. 2007年10月以降は、下記サブパラグラフ(c)に従い権限を移管するにあたりその資源と能力の下で為すべき任務を果たすため、UNAMIDは軽支援パッケージ・現在AMISに展開している要員・重支援パッケージ・期限までに展開すべき混合部隊要員に対する活動指令権限を確保するための完全な準備を行うこと。
    3. 2007年12月31日以前でできるだけ早く、UNAMIDはその任務の全ての要素を履行するために必要な残余の作業を全うし、その後はできるだけ早く能力と部隊勢力を最大限に発揮するという観点からAMISから権限を引き継ぐこと。
  6. 事務総長に対し、本決議採択後30日以内とその後30日ごとにUNAMIDの第5パラグラフに定められた措置の履行状況に関し、またUNAMIDの財政的・物流的・管理的調整と、能力の全面的発揮のための進展拡大に関し安全保障理事会に報告することを要請する。
  7. 平和維持活動の基本的原則に従い、指示系統は一本化されるべきであることを決定し、さらに指示系統と補強は国際連合により行われることを決定し、この文脈から11月16日に開催されたダルフール情勢に関するアジスアベバ高官級協議の結論を想起する。
  8. 部隊と要員の管理は2007年6月5日付事務総長及びアフリカ連合委員会議長報告第113〜第115パラグラフにおいて設定されたように行われることを決定し、事務総長に対し、資金調達・効果的な財政的管理・監督機構に関する総会勧告を提出することを含む、UNAMID展開にあたり現実的な調整を遅滞なく行うことを要請する。
  9. UNAMIDはダルフールにおいて、協定及び決議第1556号(2004)第7・第8パラグラフによって導入された措置に違反して武器または関連物資が存在するか否かを監視することを決定する。
  10. あらゆる加盟国に対し、あらゆる要員、ダルフールにおいてUNAMIDのみが排他的に利用できる車両・予備部品を含む装備・食料品・必需品その他の物資の同国への自由かつ妨害されない、迅速な移動を支援することを要請する。
  11. AMISが必要とする財政的・物流的その他支援の機動性の緊急的必要性を強調し、加盟国及び地域機関に対しさらなる支援、特にUNAMIDへの移行期間における追加の2大隊の早期展開の許可を要請する。
  12. 承認されたUNMISの強化はパラグラフ5(c)に従ったUNAMIDからAMISへの権限委譲に関する決議第1590号(2005)において特定された状態に戻すことを決定する。
  13. あらゆるダルフールにおける紛争当事者に対し、全ての戦闘の即時停止と恒久的な停戦に責任を持つことをを要請する。
  14. AMIS・文民・人道支援機関及びそのスタッフや資産・支援物資運搬車への攻撃を即時停止することを要請し、さらにあらゆるダルフールにおける紛争当事者に対しAMIS・文民・人道支援機関及びそのスタッフや資産・支援物資運搬車への全面的な協力を要請し、AMIS及びUNAMIDへの国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージの展開にあらゆる必要な支援を行うことを要請する。
  15. 国際連合憲章第7章の下で行動し、
    1. 以下の事柄を達成するために、UNAMIDはその展開地域及び能力の範囲内で必要な行動をとる権限が与えられることを決定する。
      1. 要員・設備・施設・装備を保護し、要員及び人道支援活動者の安全及び移動の自由を確保すること。
      2. ダルフール和平協定の早急かつ効果的な履行を支援し、履行への妨害及び武力による攻撃を防止し、同国政府の責任に触れない範囲で文民を保護すること。
    2. アフリカ連合委員会議長と協議の上、事務総長及び同国政府に対し、国際連合要員の安全に関する条約の下での法的保護を定めた総会決議 58/82 並びに人道支援活動者及び国際連合要員の安全と保安に関する総会決議 61/133 を考慮してUNAMIDとの地位協定を30日以内に締結することを要請し、協定の結論が定まらない間は1990年10月9日付モデル地位協定(A/45/594)が同国内で活動するUNAMID要員に関して暫定的に適用されることを決定する。
  16. 事務総長に対し、性的搾取及び虐待に対する国際連合の不寛容方針に従い、性的搾取及び虐待を含むいかなる形態の不法行為に対してもこれを防止し特定するための戦略及び適切な機構の開発並びに不法行為を防止し国際連合行動規程を遵守するための要員への訓練の強化を含むUNAMIDにおけるコンプライアンス確保のための必要な措置を講じることを要請し、事務総長に対し、性的搾取及び性的虐待からの保護における特別措置に関する事務総長特別公告 ST/SGB/2003/13 に従い必要な行動を取ること並びにその結果を安全保障理事会に報告することを要請し、部隊派遣国に対し展開前注意喚起を含む適切な予防措置を講じること並びに各国要員がそのような行為を行った場合の全面的責任をとるための訓練を行うよう要請する。
  17. あらゆる関係勢力に対しダルフール和平協定の履行において子どもの保護を保証することを要請し、事務総長に対し、子どもの状態に関する監視と報告を継続し、子ども兵士の徴用と使用その他子どもに対する蹂躙を終結させるための期限を定めた行動計画の準備に向けた対話の継続することを保証することを要請する。
  18. ダルフールにおける紛争には軍事的な解決はないことを強調し、ロードマップにおいて設定された期日内にダルフール担当国際連合特使及びダルフール担当アフリカ連合特使の仲介の下、会談及び政治的プロセスに参加するとの同国政府及び紛争当事者によって表明された責務を歓迎し、これら関係者がそのように行動することを期待し、他の紛争当事者にも同様に行動することを要請し、あらゆる関係者、特に未署名者に対し会談の準備に入るよう要請する。
  19. 同国政府及び国際連合との間のダルフールにおける人道支援活動調整(Facilitation of Humanitarian Activities in Darfur)に関する合同コミュニケの署名を歓迎し、その全面的履行を要請し、あらゆる関係者に対し、関連する国際法の条項に従い、支援活動者の人道支援を必要とする人々、特に国内避難民及び難民への全面的かつ安全で妨害されないアクセスを確保することを要請する。
  20. 必要に応じて、特に復興と開発の準備・国内避難民の故郷への帰還・補償・適切な安全措置を含むダルフール現地に平和の配当をもたらす開発発議に焦点を絞る必要性を強調する。
  21. 事務総長に対し、本決議採択後90日以内になされた進展に対する報告を安全保障理事会に対して行い、以下の項目に関する障害を取り除くために必要な措置を講じることを要請する。
    1. 国際連合軽支援パッケージ・重支援パッケージ要員及びUNAMIDの活動
    2. ダルフールにおける同国政府及び国際連合との間のダルフールにおける人道支援活動調整間の合同コミュニケの履行
    3. 政治的プロセス
    4. ダルフール和平協定の履行及び関係者による関連する協定の下での国際的義務及び責務の遵守
    5. 停戦とダルフールにおける現地情勢
  22. ダルフールにおける紛争当事者に対し、関連する協定、本決議及び関連する安全保障理事会決議の下で国際的義務及び責務を履行することを要請巣する。
  23. チャド東部及び中央アフリカ共和国北東部における文民の安全の改善の必要性を伝える2006年12月22日付事務総長報告(S/2006/1019)及び2007年2月23日付報告(S/2007/97)を想起し、この努力を支援する準備があることを表明し、事務総長がチャド及び中央アフリカ共和国政府との協議を報告することを期待する。
  24. ダルフール情勢について大きく事態が改善させるように、安全保障理事会が将来的に必要に応じて安全保障理事会が事務総長及びアフリカ連合議長の勧告及びUNAMIDの縮小及び終結を考慮するとの決定を強調する。
  25. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/1755スーダン情勢S/RES/1779
採択順:S/RES/1768S/RES/1770
Updated : 2007/08/08