Location : Home > SC Resolutions > 2006
Title : S/RES/1714 : The situation in Sudan

安保理決議第1714号
スーダン情勢に関する決議

採択日:2006/10/06
会合:第5545回会合
投票:全会一致
プレスリリース:SC/8848

安全保障理事会は、

 過去の決議、特に2006年9月22日付決議第1709号・2006年8月31日付決議第1706号・2006年5月16日付決議第1679号・2006年3月24日付決議第1663号・2006年1月27日付決議第1653号・2005年9月23日付決議第1627号・2005年3月24日付決議第1590号並びにスーダン情勢に関する議長声明、特に2006年2月3日付声明を想起し、
 同国の主権・統一・独立・領土保全並びに平和への責務を再確認し、
 2005年1月9日付包括的和平協定(the Comprehensive Peace Agreement)調印者による保安対策の履行の進展を歓迎し、調印者に対しこれらの履行や協定のその他の局面の履行に関する進展の加速を要請し、
 包括的和平協定を支援し展開する範囲において国際連合スーダンミッション(UNMIS; UN Mission in the Sudan)における国際連合部隊の全面的展開を歓迎し、本ミッションを支援し部隊を派遣している国家による責務を認識し、
 包括的和平協定の履行進展によりもたらされた同国南部における人道的状況の改善を歓迎し、
 同国政府によるUNMISの要員及び物資の移動に対する制限並びにそのことによるUNMISの活動委任内容の十分な達成が阻害されることに対し懸念を表明し、
 同国紛争における子ども兵士の徴用、特に同国南部における武装集団によるものに対し深い懸念を表明し、
 ダルフール地域における人道状況の継続的悪化に深い懸念を表明し、包括的和平協定未調印勢力も含め、ダルフール地域における紛争に関与している勢力に対し当該地域における暴力と残虐行為の即時停止を最も強い言葉で繰り返し強調し、
 2006年9月20日に開催されたアフリカ連合平和・安全保障理事会第63回会合におけるAMISへの活動委任期限を2006年12月31日まで延長するとの決定を歓迎し、
 国際連合からアフリカ連合への支援に関する決議第1706号(2006)の条項の履行に対する事務総長及びアフリカ連合による努力を賞賛し、ダルフール和平協定調印者及びその他勢力に対し、本プロセスへの支援を要請し、
 同国の情勢を国際平和と安全に対する脅威とみなし、

  1. UNMISへの活動委任期限をさらなる更新を視野に入れ2007年4月30日まで延長することを決定する。
  2. 事務総長に対し、安全保障理事会にUNMISの委任活動内容の履行状況について3か月に1度報告することを要請する。
  3. 包括和平協定及びダルフール和平協定、ンジャメナ人道的停戦協定の調印者に対し、自らの責務の尊重と、これらの協定のあらゆる局面の遅滞なき履行を要請し、ダルフール和平協定に未調印の勢力に対し遅滞なく調印すること及び協定の履行を阻害する行為をとらないことを要請する。
  4. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/1713スーダン情勢S/RES/1755
採択順:S/RES/1713S/RES/1715
Updated : 2006/10/07