Location : Home > SC Resolutions > 2006
Title : S/RES/1697 : The situation in Middle East

安保理決議第1697号
中東情勢に関する決議

採択日:2006/07/31
会合:第5501回会合
投票:全会一致
プレスリリース:SC/8793

安全保障理事会は、

 1978年3月19日付決議第425号・426号及び2006年1月31日付決議第1655号を含むレバノンに関する過去の決議並びにレバノンに関する議長声明、特に、2000年6月18日付声明 S/PRST/2000/21 を想起し、
 2006年7月12日以降のレバノン及びイスラエルにおける戦闘の激化に深い懸念を表明し、
 安全保障理事会がUNIFILへの活動委任期限を6か月延長することを事務総長に要請することを伝える、2006年7月7日付国際連合宛レバノン常任ミッション臨時代理大使書簡 S/2006/496 に留意し、
 撤退ライン周辺において継続する戦闘の結果としてUNIFILが十分に活動を行えないとの観測を含む、UNIFILに関する2006年7月22日付事務総長報告 S/2006/560 を精査し、この文脈でレバノン南部における将来の配置の選択肢を考慮して1か月間の同部隊の活動委任を延長するとの事務総長の勧告に留意し、

  1. あらゆる関係勢力に対し、UNIFIL及び他の国際連合要員の安全を尊重し、国際連合要員を危険にさらすいかなる行為も防止する義務を遵守することを要請し、同部隊による配置している要員への補給・要員の探索及び救援作業の実施・要員の安全確保のために部隊が必要と見なしたいかなる措置の実行を認めることを要請する。
  2. UNIFILへの活動委任期限を2006年8月31日まで延長することを決定する。
  3. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/1686中東情勢S/RES/1701
採択順:S/RES/1696S/RES/1698
Updated : 2006/08/02