Location : Home > SC Resolutions > 2006
Title : S/RES/1683 : The situation in Liberia

安保理決議第1683号
リベリア情勢に関する決議

採択日:2006/06/13
会合:第5454回会合
投票:全会一致
プレスリリース:SC/8742

安全保障理事会は、

 リベリア及び西アフリカ情勢に関する過去の決議及び議長声明を想起し、
 新たに選出されたサーリーフ議長(President Ellen Johnson Sirleaf)の指導力並びに同国全土における平和・安全・調和の回復への努力を歓迎し
 民主主義が発展するための安定した環境の構築における同国政府支援のために国際連合リベリアミッション(UNMIL)の継続的必要性を強調し、
 警察行動・警察機密情報収集・要人警護を含む国家の安全への責任増大に対応するため新たに検査され訓練されたリベリア治安部隊の必要性を認識し、
 同国情勢の重大な進展にもかかわらず、同国の情勢を当該地域における国際平和と安全に対する脅威とみなし、
 国際連合憲章第7章の下に行動し、

  1. 決議第1521号(2003)第2パラグラフ(a)及び(b)において導入された措置は、同決議第21パラグラフに基づき設置された委員会により、第2パラグラフ(e)の下で予め承認された、訓練目的で特別保安部隊(SSS; Special Security Service)に提供される武器・弾薬には適用されないこと、それらの武器・弾薬は自由な作戦行動における使用のためにSSSの管理に置かれることを決定する。
  2. さらに決議第1521号(2003)第2パラグラフ(a)及び(b)において導入された措置は、ケースバイケースで委員会により予め承認され、2003年10月のUNMILの活動開始より検査され訓練された同国政府の警察官・治安部隊の兵士の使用を意図した武器・弾薬には適用されないことを決定する。
  3. 第2パラグラフに従いなされる要請は同国及び輸出国政府により委員会に対して提出されるべきこと、並びに、それが承認された場合には同国政府は武器・弾薬を記録し、登録しこれらの手続きを踏んだことを委員会に公式に報告することを決定する。
  4. UNMILの、その能力と展開範囲内における、決議第1521号(2003)第2・第4・第6・第10パラグラフにある措置の履行の監視を含む委任活動内容を侵害せず、同国政府・決議第1521号(2003)第21パラグラフに基づき設置された委員会・専門家パネルに対する継続的支援の重要性を繰り返し強調し、この観点から、UNMILに対し上記第1・第2パラグラフに基づき調達した武器・弾薬の一覧表を精査し全て確認すること並びに決議1521号(2003)第21パラグラフに基づき設置された委員会に対し、精査結果について定期的に報告することを要請する。
  5. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/1647リベリア情勢S/RES/1689
採択順:S/RES/1682S/RES/1684
Updated : 2006/01/18