Location : Home > SC Resolutions > 2005
Title : S/RES/1648 : The situation in Middle East

安保理決議第1648号
中東情勢に関する決議

採択日:2005/12/21
会合:第5339回会合
投票:全会一致で採択
プレスリリース:SC/8598

安全保障理事会は、

 国連兵力引き離し監視軍(UNDOF; UN Disengagement Observer Force)の活動に関する2005年12月7日付事務総長報告 S/2005/767 を考慮し、2000年7月12日付安全保障理事会決議第1308号を再確認し、

  1. 関連諸勢力に対し、1973年10月22日付安全保障理事会決議第338号の即時履行を要請する。
  2. 性的搾取及び虐待に対する事務総長の不寛容方針を履行するため及びその要員に国際連合行動規定を全面的遵守を保証するためにUNDOFがとった努力を歓迎する。また事務総長にこの点に関してあらゆる必要な措置を講じるために継続して安全保障理事会に報告することを要請する。部隊派遣に貢献している諸国に対し適切な予防的措置及び要員がこのような行為を起こした場合には適切に捜査し懲戒措置をとることを要請する。
  3. UNDOFへの活動委任期限を6か月間更新し、2006年6月30日までとすることを決定する。
  4. 事務総長に対し状況の改善と決議第338号(1973)の履行状況に関する報告を提出することを要請する。

分野:
地域:S/RES/1644中東情勢S/RES/1655
採択順:S/RES/1647S/RES/1649
Updated : 2006/01/18