Location : Home > SC Resolutions > 2005
Title : S/RES/1638 : The situation concerning Liberia

安保理決議第1638号
リベリア情勢に関する決議

採択日:2005/11/11
会合:第5304回会合
投票:全会一致で採択
プレスリリース:SC/8554

安全保障理事会は、

 リベリア及びシエラレオネ・西アフリカに関する過去の安全保障理事会決議及び議長声明を想起し、
 同国の主権・政治的独立・領土保全に対する責務を再確認し、
 ナイジェリア及び同国のオバサンジョ(Olusegun Obasanjo)大統領に対し、リベリア及び西アフリカ地域における安定の回復に対する貢献に謝意を示し、テイラー(Charles Taylor)前大統領の同国における臨時滞在時の国際支援とともに同国が協力したことを感謝し、
 テイラー前大統領はシエラレオネ特別法廷(Special Court for Sierra Leone)により起訴中であることを強調し、彼のリベリアへの帰還は同国の安定に対する障害であり、当該地域の国際的平和と安全に対する脅威であると見なし、
 国際連合憲章第7章の下に行動し、

  1. 国際連合リベリアミッション(UNMIL)への活動委任内容に対し以下の項目が含まれるべきであることを決定する。
  2. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/1626リベリア情勢S/RES/1647
採択順:S/RES/1637S/RES/1639

Updated : 2005/12/07