Location : Home > SC Resolutions > 2005
Title : S/RES/1616 : The situation concerning the Democratic Republic of the Congo

安保理決議第1616号
コンゴ民主共和国情勢に関する決議

採択日:2005/07/29
会合:第5243回会合
投票:全会一致で採択
プレスリリース:SC/8467

安全保障理事会は、

 コンゴ民主共和国に関する過去の安全保障理事会決議及び同議長声明、特に2003年7月28日付決議第1493号・2004年3月12日付決議第1533号・2004年7月27日付決議第1552号・2004年10月1日付決議第1565号・2005年3月30日付決議第1592号・2005年4月18日付決議第1596号を想起し、
 同国東部、特に北キブ(North Kivu)及び南キブ(South Kivu)並びにイトゥリ地域(Ituri)における武装集団及び民兵組織の存在が地域全体の治安悪化をもたらせていることに深刻な懸念を繰り返し、
 コンゴ民主共和国国内における及び同国への継続する違法な武器流入を非難し、決議第1493号で導入され第1596号で拡張された武器禁輸の監視の順守及び決議第1596号第13・15パラグラフで示された禁輸に対する違反者に対する措置の強化の決定を宣言し、
 天然資源の違法採取・そのような資源の違法取引と武器の拡散・取引との関係がアフリカ大湖地域における紛争の激化と悪化の要因の1つであると認識し、
 決議第1533号第10パラグラフ及び決議第1596号第21パラグラフで言及された専門家グループ(Group of Experts)(以下「専門家グループ」と呼ぶ)により作成され、第1533号第8パラグラフに従って設立された委員会(Committee)(以下「委員会」と呼ぶ)により提出された2005年7月5日付報告 S/2005/436 に留意し、
 同国の情勢が当該地域の国際平和と安全に対する脅威であるとみなし、
 国際連合憲章第7章のもとに行動し、

  1. 安全保障理事会決議第1493号第15・第18・第19パラグラフ及び同決議第1596号第5・第19パラグラフの要求を再確認する。
  2. 委員会の要望に従い、関係諸勢力の落ち度により、決議第1493号第20から第22パラグラフで定められ、決議第1596号第1パラグラフにより修正・拡張された条項により2006年7月31日まで期間を延長すること決定し、決議第1596号第2・第6・第10及び第13から第16パラグラフを再確認する。
  3. 上述した要求が満たされたと判断した場合には、それらの条項を修正・削除する意図を表明する。
  4. 事務総長に対し、委員会と協議の上、本決議採択後30日以内に、決議第1596号に基づき設置された専門家グループの知識を引き継いだ、2006年1月31日を期限とする専門家グループの再設置を要請する。
  5. 専門家グループに対し、決議第1533号・第1596号において定義された活動委任内容を継続して履行し、2005年11月10日までに委員会への報告を更新し、委員会を通じて2006年1月10日までに、決議第1493号第20パラグラフにより導入され、第1596号により拡張された措置の履行と、この観点から特に、決議第1533号第10パラグラフ(g)で示されたリスト及び天然資源など武器の違法取引の資金源となっていると思われるものに関する情報を含んで、書面で安全保障理事会に報告することを要請する。
  6. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:コンゴ民主共和国情勢S/RES/1621
採択順:S/RES/1615S/RES/1617

Updated : 2005/10/26