Location : Home > SC Resolutions > 2005
Title : S/RES/1609 : The situation in Cote d'Ivoire

安保理決議第1609号
コートジボアール情勢に関する決議

採択日:2005/06/24
会合:第5213回会合
投票:全会一致で採択
プレスリリース:SC/8426

安全保障理事会は、

 コートジボアールに関連する過去の安全保障理事会決議及び議長声明を想起し、
 リベリア情勢に関する2004年9月17日付同決議第1561号及びシエラレオネ情勢に関する2004年9月17日付同決議第1562号も想起し、
 同国の主権・独立・領土保全・統一への強い責務を再確認し、善隣・非干渉・地域協力の原則の重要性を想起し、
 2003年1月24日にリナス・マルクシスにおいて調印され、2003年1月25・26日にパにおいて開催されたコートジボアール首脳会議(Conference of Heads of State on Cote d'Ivoire)で承認された協定(リナス・マルクシス協定;S/2003/99)・2004年7月30日にアクラにおいて調印された協定(アクラIII協定)・2005年4月6日にプレトリアにおいて調印された協定(プレトリア協定)を支持したことを想起し、
 2005年6月17日付事務総長報告 S/2005/398 及び S/2005/398/Add 並びに国際連合シエラレオネミッション(UNAMSIL)・国際連合リベリアミッション(UNMIL)・国際連合コートジボアール活動(UNOCI)のミッション間協力と越境協力に関する2005年3月2日付事務総長報告 S/2005/135 に留意し、
 継続する治安及び人道的状況の悪化、特に同国西部で発生した事件に対し深刻な懸念を表明し、
 同国の情勢を当該地域における国際平和と安全に対する脅威とみなし、
 国連憲章第7章のもとに行動し、

  1. UNOCI及び同ミッションを支援するフランス軍への活動委任期限を7か月延長し、2006年1月24日までとすることを決定する。
  2. 本決議採択日移行、UNOCIへの委任活動内容を以下のようなものとすることを決定する。

    [停戦及び武装集団の活動の監視]

    1. 2005年4月6日付の戦争終結に関する合同宣言及び2003年5月3日付包括的停戦合意の履行を観察及び監視すること、並びに、組織能力と展開範囲内において、特に信頼地帯(Zone of Confidence)内におけるいかなる敵対行為をも防止すること、停戦違反を調査すること。
    2. コートジボアール国民武装軍(FANCI;National Armed Forces of Cote d'Ivoire)及び 新軍(Forces nouvelles)の武装組織と連携し、フランス軍との協力のもと、関係する全ての勢力間の信頼の再構築を推進すること。
    3. 国民和解政府(Government of National Reconciliation)による国境監視を支援すること、特にリベリア難民の状況及び戦闘員のいかなる越境に注意を払うこと。

    [武装解除・動員解除・再統合・帰還・定住]

    1. コートジボアールの軍事組織の再編と武装解除・宿営・動員解除場所の安全確保に関して国民和解政府を支援すること。
    2. 女性と子どもに特有なニーズに配慮しつつ、戦闘員の武装解除・動員解除・再統合に関する国家プログラムに関して国民和解政府を支援すること。
    3. UNAMSIL及びUNMILと緊密に協力し、女性と子どもに特有なニーズに配慮しつつ、元外国戦闘員の自発的帰還及び再定住プログラムの履行並びに関連する国家の政府・国際金融機関・国際開発機関・資金拠出国と協力しつつ国民和解政府の努力を支援すること。
    4. 協調した地域的アプローチのためのニーズを検討したパラグラフ (e) 及び (f) に記述したプログラムを確保すること。
    5. 元兵士が引き渡した兵器・弾薬・その他あらゆる軍事物資を確保し無力化し破壊すること。

    [民兵組織の武装解除と解散]

    1. 国民和解政府首相を支援し、プレトリア協定第4項において想定されている民兵組織の武装解除・解散に関する合同作戦計画(Joint Operation Plan)の履行に関する策定と監視を行うこと。
    2. 民兵が引き渡した兵器・弾薬・その他あらゆる軍事物資を確保し無力化し破壊すること。

    [国際連合要員・組織・文民の保護]

    1. 国際連合の要員・設備・装備を保護し、国際連合要員の安全と移動の自由を確保し、国民和解政府の責任に対する既得権を侵すことなく、その能力と展開範囲内で、差し迫った物理的暴力の脅威から文民を保護すること。
    2. コートジボアール及び南アフリカ共和国当局と協力し、国民和解政府要員の安全確保を支援すること。

    [武器禁輸の監視]

    1. 決議第1584号(2005)に基づき設置された専門家グループ及び、必要に応じて、UNMIL・UNAMSIL及び関連する政府と協力し、必要とみなした場合には予告なく、航空機の積荷及びその他港湾・空港・飛行場・軍事基地・国境検問所で用いている輸送手段を検査することを含み、決議第1572号(2004)第7パラグラフで導入された方策の履行の監視すること
    2. 決議第1572号(2004)第7パラグラフに違反してコートジボアールに持ち込まれる武器及び関連物資を必要に応じて回収し、それらを廃棄すること。

    [人道支援への支援]

    1. 特に女性・子ども・高齢者のような弱い立場に置かれている人びとへの必要物資を考慮し、必要な安全な状況の確立に助力することで、人・商品、とりわけ人道支援物資の自由な流れを容易とすること。

    [国家運営の再展開への支援]

    1. アフリカ連合・ECOWASその他国際的パートナーの支援の下、同国の社会的経済的復興に不可欠な、国民和解政府による国家の権限の全土にわたる再設立を容易とすること。

    [公開かつ自由、公平で透明な選挙実施の支援]

    1. アフリカ連合・ECOWAS・その他国際的パートナーの支援の下、国民和解政府・独立選挙委員会(Independent Electoral Commission)及びその他関連機関に対しあらゆる必要な技術的支援し、開かれ、自由かつ公平、透明な大統領選挙・議会選挙をコートジボアール憲法で定められた時間的枠組みの範囲内で実施すること。
    2. 2005年6月3日付決議第1603号(2003)第7パラグラフに記された高等代表に対し、必要に応じて技術的情報・助言を提供すること。
    3. 能力と展開範囲内で、投票が実施される地域の安全確保に貢献すること。

    [人権分野における支援]

    1. 子どもと女性に対する暴力には特に注意を払いつつ、同国における人権の促進と保護に貢献し、人権蹂躙に対する監視と捜査支援を行い免責を終結させ、この点に関する進展を定期的に決議第1572号(2004)に基づいて設立された安全保障理事会委員会に報告すること。

    [広報]

    1. ラジオ放送を含む広報能力を通じて、和平プロセス及び地域社会におけるUNOCIの役割の理解を促進すること。
    2. 同国の特に憎悪・不寛容・暴力を刺激する事象についてマスメディアを監視し、この点に関する状況を定期的に決議第1572号(2004)に基づいて設立された安全保障理事会委員会に報告すること。

    [法と秩序]

    1. アフリカ連合・ECOWAS・その他国際機関と共同で国民和解政府を支援して同国全土における文民警察のプレゼンスを確保し、国民和解政府に対し国際安全保障の再構築に関する助言を行い、国内諸勢力が、プレトリア協定第6パラグラフが規定するように、同国北部の安全を暫定的に確保することを支援する。
    2. アフリカ連合・ECOWAS・その他国際機関と共同で国民和解政府を支援して同国全土における司法制度と法の支配の再確立を行う。
  3. 第1パラグラフにおいて規定された期間において、UNOCIの軍事部隊を最大850人まで増員し、文民警察官も3種の警察ユニット並びに必要な文民要員を725名を上限として増員することを承認する。
  4. 部隊覇権国及び関連する政府によるUNAMSIL・UNMIL・UNOCIによるミッション間協力及び可能な越境活動に関する2005年3月2日付報告書 S/2005/135 の第19,23,76 (b)-(e) パラグラフにある方策の履行のために、これらの国際連合ミッションへの委任活動の成果に対し既得権を侵すことなく協定に従い、事務総長があらゆる必要な段階をとることを承認する。
  5. 事務総長に対し、UNMIL・UNAMSIL・UNOCIに兵士及び文民警察官を派遣している国家に、それらのミッションの現在の委任活動の成果を効果的とするために必要な、再展開のための一時的増員に関する合意を採ることを要請する。
  6. 総会の権限に対し既得権を侵すことなく、第4・5パラグラフで示された必要な前段階に従い、部隊派遣国及び関連する政府からの合意をとり、与えられたミッションの承認された要員上限の範囲内で処理することができない変更を扱うため、UNMIL・UNAMSIL・UNOCI間の兵士及び文民警察官の一時的な再展開を承認する。なお、以下のような条件に従うものとする:
    1. 事務総長は安全保障理事会に対し、上述の増強の履行には対応する安全保障理事会の決定が必要であることを理解しつつ、範囲及び期間を含む再配置の意図をあらかじめ同理事会に通知すること。
    2. 再展開されたいかなる部隊も移管元の承認されたミッションの軍民要員上限に対して不利となり、移管先のミッションの上限には不利にならないようにすること。
    3. いかなる移管も安全保障理事会がUNOCI・UNAMSIL・UNMILの3ミッションそれぞれの委任活動に対して決定した軍民要員の上限の合計値を超えては行われないものとすること。
    4. いかなる移管も安全保障理事会が別の決定を下さない限り、当初のミッションの委任内容における要員展開の拡張をもたらさないようにすること。
  7. 来る総選挙後の同国における状況を勘案して、UNOCIの軍隊の水準を、文民警察部隊も含め、2005年12月31日までに見直すことを、任務が実行可能な水準を保ちつつ、必要に応じてさらなる削減も含めて決定する。
  8. UNOCIがその能力と展開範囲内において、委任活動内容の実行のために必要なあらゆる措置をとることを承認する。
  9. UNOCIに対し、UNAMSIL及びUNMILと緊密な連携を取りつつ、特に国境を超える武器及び兵士の移動の防止と武装解除及び動員解除プログラムの履行を含む委任活動内容を実行することを要請する。
  10. 社会的に主流となっている、平和維持活動及び紛争後の平和構築におけるジェンダーに適った見方と、この点から適切な専門的知識の重要性を強調し、この問題に関し UNOCI に対し積極的に努力することを奨励する。
  11. 性的搾取及び虐待に対する事務総長の不寛容方針を履行するため及びその要員に国際連合行動規定を全面的遵守を保証するためにUNOCIがとった努力を歓迎する。また事務総長にこの点に関してあらゆる必要な措置を講じるために継続して安全保障理事会に報告することを要請する。部隊派遣に貢献している諸国に対し適切な予防的措置及び要員がこのような行為を起こした場合には適切に捜査し懲戒措置をとることを要請する。
  12. 本決議採択日よりフランス軍は、UNOCI・フランス軍当局間で確認された協定に従いUNOCIを支援するためにあらゆる必要な措置をとることを承認する。詳細な内容は以下の通りである:

分野:
地域:S/RES/1603コートジボアール情勢S/RES/1632
採択順:S/RES/1608S/RES/1610

Updated : 2005/07/08