Location : Home > SC Resolutions > 1978
Title : S/RES/434 : Israel-Lebanon

安保理決議第434号
イスラエル=レバノン問題

採択日:1978/09/18
会合:第2085回会合
投票:賛成12;反対0;棄権2(チェコ=スロバキア・ソ連);不参加1(中国)

安全保障理事会は、

 1978年3月19日付決議第425号第426号・5月3日付第427号を想起し、
 特に決議第425号(1978)において安全保障理事会が国際的に認知された国境の範囲内におけるレバノンの領土保全・主権・政治的独立の厳密な尊重を要請したことを想起し、
 中東問題の公正かつ永続的解決の達成を危うくするレバノンにおける深刻な情勢に深く懸念し、
 上記決議の履行状況に関する1978年9月13日付事務総長報告を精査し、
 決議第425号第426号(1978)において設定された活動委任内容を遂行するにあたり、国際連合レバノン暫定軍の目覚しい活動を賞賛し、
 同暫定軍の活動による犠牲者の発生に深く悲嘆し、
 南レバノンにおける平和と安全の確立に向けて同暫定軍により為された進展に留意し、
 同暫定軍が活動地域内で自由に展開するにあたり障害があること並びに決議第425号(1978)に従い領土全土における権威の回復が十分に行われていないことに懸念をもって留意し、
 事務総長の努力を支援し、その活動委任内容遂行にあたり同暫定軍が直面する問題を記述している事務総長報告における見解に留意し、
 決議第425号第426号(1978)に従い同暫定軍の活動委任内容及び目的の緊急の全面的履行を保証すること決定し、
 レバノン政府の要請に応えて活動し、

  1. 国際連合レバノン暫定軍の活動委任期限を4か月間更新し、すなわち1979年1月19日までとすることを決定する。
  2. イスラエル・レバノン及びあらゆる関係者に対し、安全保障理事会決議第425号第426号(1978)の履行において国際連合と全面的かつ緊急に協力することを要請する。
  3. 事務総長に対し、情勢を評価し、さらなる措置が必要か否かを確認するために現在の決議の履行状況について2か月以内に及び4か月の期間終了時点で安全保障理事会に報告することを要請する。

分野:
地域:S/RES/429中東情勢S/RES/436
採択順:S/RES/433S/RES/435
Updated : 2010/07/14