Location : Home > SC Resolutions > 1978
Title : S/RES/424 : Southern Rhodesia-Zambia

安保理決議第424号
南ローデシア=ザンビア問題

採択日:1978/03/17
会合:第2070回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 文書 S/12589 に含まれるザンビア共和国代表書簡に留意し、
 同国外相声明を考慮し、
 ザンビア共和国の主権・領空と領土保全を侵害し、無辜の民衆を死傷させ、財産を破壊した、1978年3月6日の武力侵略を初めとする南ローデシアの違法少数体制によるいわれのない侵略行為を深く懸念し、
 1960年12月14日付総会決議第1514号(XV)に従う自決と独立並びに国際連合憲章において設定されたそれらの権利の享受を保証するための闘争の正当性に関する南ローデシア(ジンバブエ)民衆の不可分の権利を再確認し、
 なかんずく違法体制の庇護の下で進められる国内移住は違法かつ受け入れがたいものであることを宣言し、あらゆる国家に対しそのような移住の承認に同意しないことを要請した1978年3月14日付決議第423号を想起し、
 さらにザンビア・ボツワナ・モザンビークに対する侵略行為に関して南ローデシアの違法体制を非難した1973年2月2日付決議第326号・1977年1月14日付決議第403号・5月25日付決議第406・6月30日付決議第411を想起し、
 ジンバブエ及びナミビアの解放並びに南アフリカにおけるアパルトヘイトの撲滅は当該地域における正義と永続的平和、ひいては国際平和と安全の達成に必要であることを認識し、
 南ローデシアの少数人種差別的体制の存続とザンビア及びその他の近隣国への侵略行為の継続は、国際平和と安全に対する脅威であることを再確認し、
 国際平和と安全に対する脅威の予防と除去のために効果的な措置を講じる必要性を認識し、

  1. ザンビアの主権と領土保全を著しく侵害する、南ローデシアの英国植民地における違法人種差別的少数体制により引き起こされた最近の武装侵略を強く非難する。
  2. 自由と独立のための公正で正当な闘争並びにローデシア反政府組織による挑発に直面しても実直に自制するザンビア共和国及びジンバブエ民衆への継続的支援の最前線に立つ諸国を賞賛する。
  3. ナミビア及びジンバブエの解放並びに南アフリカにおけるアパルトヘイトの撤廃は当該地域における正義と永続的平和の達成のために必要であることを再確認する。
  4. 宗主国としてのグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府に対し、南ローデシアの反政府植民地における違法人種差別的少数体制の存在を直ちに終結させ、当該地域に純粋な多数決原理と永続的平和と安全をもたらす独立の迅速な達成のために即効性のある措置を講じることを要請する。
  5. 南ローデシアの違法人種差別的少数体制によるザンビアの主権と領土保全を蹂躙するさらなる行動がなされた際には、安全保障理事会は第7章を含む国際連合憲章の適切な条項に従い、さらなる効果的な措置を検討するために会議を招集することを決定する。

分野:
地域:S/RES/423
S/RES/393
南ローデシア情勢
ザンビア情勢
S/RES/437
S/RES/445
採択順:S/RES/423S/RES/425
Updated : 2010/06/30