Location : Home > SC Resolutions > 1978
Title : S/RES/423 : Southern Rhodesia

安保理決議第423号
南ローデシア問題

採択日:1978/03/14
会合:第2067回会合
投票:賛成10;反対0;棄権5(カナダ・フランス・ドイツ・英国・合衆国)

安全保障理事会は、

 南ローデシア問題に関する決議、特に1977年9月29日付決議第415号を想起し、
 同国の違法体制の継続的存在が当該地域の不安定の要因であり、国際平和と安全に対する深刻な脅威となっていることを再確認し、
 隣接する独立国に対する侵略行為を含む違法体制による継続的軍事活動に深く懸念し、
 違法体制による自由の闘士に対する継続的処刑に憤慨し、
 違法体制の終了と多数決原理に基づく政府の確立のための緊急措置の必要性を考慮し、

  1. 南ローデシアの違法体制による人種的少数派による権力の保持とジンバブエの独立の達成の防止を目論むあらゆる企て非難する。
  2. 違法体制の庇護の下での内部的な解決は違法であり受け入れがたいことを宣言し、あらゆる国家に対しそのような措置を承認しないことを要請する。
  3. さらに、1978年中に純粋な多数決原理と独立に平和的かつ民主的に移行する準備を行うためには違法体制の迅速な終結と軍及び警察の配置転換は南ローデシアの正当性回復のための最初の前提条件であることを宣言する。
  4. また、現在の決議第3パラグラフにおいて想定している措置とは、国際連合の監視の下、成人による自由かつ公正な普通選挙の実施を含むことを宣言する。
  5. グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国に対し、南ローデシアの違法体制を終結させ、1960年12月14日の総会決議第1514号(XV)に従い領土の真の脱植民地化を進めるためにあらゆる必要な措置を講じることを要請する。
  6. 事務総長の支援を受け、宗主国としての英国に対し、現在の決議第3・第4・第5パラグラフの履行を通じて領土の真の脱植民地化の目的を達成するために、関係者と直ちに協議に入るべきであるとする。
  7. 事務総長に対し、1978年4月15日までに現在の決議の履行の結果について報告することを要請する。

分野:
地域:S/RES/415南ローデシア情勢S/RES/424
採択順:S/RES/422S/RES/424
Updated : 2010/06/25