Location : Home > SC Resolutions > 1977
Title : S/RES/419 : the situation in Benin

安保理決議第419号
ベナン情勢

採択日:1977/11/24
会合:第2049回会合
投票:投票なし

安全保障理事会は、

 ベナン人民共和国国際連合常任代表声明、特に傭兵による侵略の脅威に関する部分を傾聴し、
 あらゆる国家、特に小国家における国際的傭兵の存在がもたらす危険に深く懸念し、
 1977年4月14日付決議第405号第10パラグラフに従い、1977年1月16日にベナン人民共和国に対して活動した傭兵に関するさらなる情報を収集するためにあらゆる国家の協力の必要性を確信し、

  1. 決議第404号の下で設置された安全保障理事会ベナン人民共和国特別ミッション報告に留意し、他の条項も含め決議第405号を再確認し、1977年1月16日に同国に対して実行された武力侵略行為並びに国家を不安定化させるために及び/または領土保全・主権・独立を脅かすために国際的傭兵の利用を含む加盟国の国内問題に対するあらゆる形態の外国から干渉を強く非難する。
  2. 文書 S/12415 に含まれる損害の評価に関する報告書に留意する。
  3. あらゆる国家に対し、決議第405号第10パラグラフに従い、1977年1月16日の事案へのあらゆる傭兵の関与に関するあらゆる有用な情報を収集するために緊密に協力して活動することを要請する。
  4. 1977年1月16日に発生した同国に対する攻撃軍に参加した傭兵を正当な法手続きに従わせたいとの同国政府の要望に留意する。
  5. あらゆる国家並びに国際連合及び特殊機関を含むあらゆる適切な国際機関に対し、侵略行為により引き起こされた損害の修復のために同国を支援することを要請する。
  6. 事務総長に対し、現在の決議第5パラグラフ履行のために同国にあらゆる必要な支援を提供することを要請する。
  7. 事務総長に対し、特に第3・第4・第5・第6パラグラフに言及された内容について、現在の決議の履行状況を監視し、安全保障理事会に1978年9月30日までに報告することを要請する。
  8. この問題に引き続き取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/405ベナン情勢
採択順:S/RES/418S/RES/420
Updated : 2009/11/05