Location : Home > SC Resolutions > 1977
Title : S/RES/418 : South Africa

安保理決議第418号
南アフリカ問題

採択日:1977/11/04
会合:第2046回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 1976年6月19日付決議第392号(1976)を想起し、児童や学生、その他人種差別に反対する人々を含むアフリカ民衆に対する大規模な暴力及び殺害を幇助する南アフリカ政府を強く非難し、同国政府にただちにアフリカ民衆に対する暴力を停止し、アパルトヘイトと人種差別を撤廃する手段を講じることを要請し、
 南アフリカによる軍事行動及び近隣国への度重なる侵略行為はそれらの国家の安全を深刻に乱すことを認識し、
 さらに既存の武器禁輸は南アフリカの深刻な状況を悪化させることを防止するために、いかなる留保もなく、強化され普く適用されるべきことを認識し、
 アパルトヘイトに対する行動ラゴス宣言(the Lagos Declaration for Action against Apartheid)に留意し、
 南アフリカは核兵器を製造する団塊にあることに深く懸念し、
 南アフリカ政府の政策と行為は国際平和と安全を脅かすとみなし、
 南アフリカへの自発的武器禁輸に関する1963年8月7日付決議第181号及びその他の決議を想起し、
 まず第一に強制的な武器禁輸が南アフリカに対して広く適用されるべきことを考慮し、
 それゆえに国際連合憲章第7章の下に行動し、

  1. 南アフリカ政府の政策と行動に関して、武器及び関連物資の南アフリカによる入手は国際平和と安全に対する脅威とみなすことを決定する。
  2. あらゆる国家は、武器弾薬・軍事車両・装備・準軍事装備・前記機器の予備部品の販売または譲渡を含むあらゆる種類の武器及び関連物資の南アフリカへの提供を直ちに停止すべきこと並びに前述の機器のあらゆる種類の装備・供給品・ライセンスの保証・製造手配または維持の提供を停止することを決定する。
  3. あらゆる国家に対し、現在の決議の目的に関して、武器・あらゆる種類の弾薬・軍事装備・車両の製造及び維持に関する南アフリカとの契約及びライセンスについて、それを終結させる観点から見直すことを要請する。
  4. さらにあらゆる国家が、核兵器の製造・開発について南アフリカと協力することを拒否すべきであることを決定する。
  5. 国際連合非加盟国を含むあらゆる国家に対し、現在の決議の条項に厳密に従うことを要請する。
  6. 事務総長に対し、現在の決議の履行状況について安全保障理事会に報告することを要請し、最初の報告は1978年5月1日を期限とする。
  7. この問題を、必要に応じて、進展を鑑み、将来の行動のために議題としておくことを決定する。

分野:
地域:S/RES/417南アフリカ情勢S/RES/421
採択順:S/RES/417S/RES/419
Updated : 2010/06/06