Location : Home > SC Resolutions > 1976
Title : S/RES/395 : Greece-Turkey

安保理決議第395号
ギリシャ=トルコ問題

採択日:1976/08/25
会合:第1953回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 1976年8月10日付ギリシャ常任代表書簡に留意し、
 ギリシャ及びトルコ外相による声明において指摘された様々な問題に傾聴し、留意し、
 エーゲ海におけるギリシャとトルコの間の現在の緊張に懸念を表明し、
 紛争の平和的解決に関する国際連合憲章の原則、紛争の平和的解決の手続きと方法に関する憲章第7章の様々な条項に留意し、
 相互の差異を解決するためにギリシャ及びトルコの間の直接交渉の再開と継続の重要性に留意し、
 両国が互いの国際的権利及び義務を尊重し、情勢を悪化させ、結果として平和的解決を脅かすことになる行為を行わない必要性に留意し、

  1. ギリシャ及びトルコ両国政府に対し、現在の情勢において最大限の自制を行うことを要請する。
  2. 両国政府に対し、交渉プロセスを促進するよう、当該地域の現在の緊張を緩和するためにその権限においてなしうることを全て行うことを要請する。
  3. 両国政府に対し、差異を乗り越えるための直接交渉を再開することを要請し、これらの交渉が相互に受け入れ可能なものとなるようその権限においてなしうることを全て行うことを要請する。
  4. この観点から、両国政府に対し、継続して 適切な法的措置、特に国際司法裁判所が貢献を考慮することを要請する。

分野:
地域:S/RES/34
ギリシャ情勢
トルコ情勢
採択順:S/RES/394S/RES/396
Updated : 2009/06/25