Location : Home > SC Resolutions > 1976
Title : S/RES/393 : South Africa-Zambia

安保理決議第393号
南アフリカ=ザンビア問題

採択日:1976/07/30
会合:第1948回会合
投票:賛成14;反対0;棄権1(合衆国)

安全保障理事会は、

 文書 S/12147 に含まれるザンビア共和国代表書簡に留意し、
 ザンビア共和国外相声明に傾聴し、
 多数の無辜の市民に死傷者が出たザンビア共和国の主権・領空・領土保全を侵す南アフリカによる戦闘及び謂れのない攻撃及び1976年7月11日に最も激化した、結果として24名の無辜の犠牲者と45名の負傷者をもたらした攻撃に深く懸念し、
 近接するアフリカ諸国を攻撃する基地としてナミビアの国際的領土を南アフリカが利用していることに深く懸念し、
 南アフリカの人種差別的体制による違法占領から自国を解放しようとするナミビア国民の闘争の正当性を再確認し、
 アフリカ南部における継続的な情勢の悪化は国際平和と安全に対する脅威であると見なし、
 国際平和と安全に対する脅威を予防し除去するために効果的な措置を講じる必要性に留意し、
 なかんずく、南アフリカにザンビアの主権と領土保全を全面的に尊重することを要請した1971年10月12日付決議第300号を想起し、
 あらゆる加盟国に対し、いかなる国家の領土保全または政治的独立に対して脅威または力の行使その他国際連合憲章の目的にそぐわない方法をを行うべきではないことに留意し、

  1. ザンビアの主権及び領土保全を侵す南アフリカのザンビア共和国に対する武力攻撃を強く非難する。
  2. 南アフリカに対し、ザンビア共和国の独立・主権・領空・領土保全を綿密に遵守することを要請する。
  3. 南アフリカに対し、ナミビアの国際的領土をザンビア共和国及びその他のアフリカ諸国を武力攻撃するための既知として利用しないことを要請する。
  4. ザンビア共和国及びその他「前線」諸国に対し、南アフリカの人種差別的体制による違法占領から自国を解放するための正当な闘争においてナミビア民衆を確実に支援することを奨励する。
  5. ナミビア・ジンバブエの解放及び南アフリカのアパルトヘイトの撤廃は当該地域における公正と永続的平和の達成に必要であることを宣言する。
  6. さらに、南アフリカがザンビアの主権及び領土保全を脅かすさらなる行為をなした際には、安全保障理事会が国際連合憲章の適切な条項に従った効果的な措置の採択を検討するために召集されることを宣言する。

分野:
地域:S/RES/392
S/RES/329
南アフリカ情勢
ザンビア情勢
S/RES/402
S/RES/392
採択順:S/RES/392S/RES/394
Updated : 2009/08/12