Location : Home > SC Resolutions > 1976
Title : S/RES/392 : Angola-South Africa

安保理決議第392号
南アフリカ問題

採択日:1976/06/19
会合:第1930回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 ソウェト及び他のアフリカ地域におけるアフリカ民衆に対する南アフリカのアパルトヘイト体制により犯された残酷な殺害を含む抑圧行為に関する、国際連合のアフリカ諸国グループ代表としてのベニン・リビアアラブ共和国・タンザニア連合共和国代表書簡に留意し、
 事務総長宛マダガスカル民主共和国大統領電報をも考慮し、
 1976年6月16日に発生した、人種差別に反対する児童・学生デモを含むアフリカ民衆に対し冷酷な銃撃を端緒とする、大規模な殺傷に対し強く衝撃を受け、
 この状況は安全保障理事会決議及び総会決議に反して南アフリカ政府によりアパルトヘイト及び人種差別を継続的に行われていることから尾凍ったことであると見なし、

  1. 人種差別に反対する児童・学生を含むその他のアフリカ民衆に対する大規模な暴力及び殺害について南アフリカ政府を強く非難する。
  2. この暴力の犠牲者に対し深い同情を表明する。
  3. アパルトヘイト政策は人類の良心及び尊厳に反し、国際平和と安全を脅かすことを再確認する。
  4. アフリカ民衆がアパルトヘイト及び人種差別撤廃を望む闘争の正当性を認識する。
  5. 南アフリカ政府に対し、アフリカ民衆に対する暴力を直ちに停止し、アパルトヘイト及び人種差別撤廃に向けて緊急に措置を講じることを要請する。
  6. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域: S/RES/387 南アフリカ情勢
S/RES/393
採択順:S/RES/391S/RES/393
Updated : 2009/07/30