Location : Home > SC Resolutions > 1976
Title : S/RES/387 : Angola-South Africa

安保理決議第387号
アンゴラ=南アフリカ問題

採択日:1976/03/31
会合:第1906回会合
投票:賛成9;反対0;棄権5(フランス・イタリア・日本・英国・合衆国);不参加1(中国)

安全保障理事会は、

 国際連合のアフリカ諸国グループ代表としてのケニア常任代表書簡に留意し、
 アンゴラ人民共和国代表声明に傾聴し、
 いかなる国家または国家群もいかなる理由があろうともいかなる他の国内外問題について、直接的にも間接的にも干渉する権利はないとの原則を想起し、
 また、全ての国家は、その主権の行使のために、いかなる国家または国家群からの支援を要請する固有かつ正当な権利があることを想起し、
 あらゆる加盟国はその国際関係において、いかなる国家の領土保全・政治的独立に対しても脅威を与えまたは力を行使すること、国際連合の目的に適わない方法を行使することを自制しなければならないことに留意し、
 南アフリカによるアンゴラ人民共和国に対する侵略行為及び主権・領土保全の蹂躙を深く懸念し、
 その侵略にのためにナミビアの国際的領土を南アフリカが利用していることを非難し、
 また、アンゴラにおける南アフリカ侵攻部隊による損傷と破壊並びにアンゴラの装備・物資の接収に深く懸念し、
 南アフリカ部隊の撤退に関する南アフリカ常任代表書簡に留意し、

  1. 南アフリカによるアンゴラ人民共和国への侵略を非難する。
  2. 南アフリカに対し、アンゴラ人民共和国の独立・主権・領土保全を緊密に尊重することを要請する。
  3. また南アフリカに対し、アンゴラ人民共和国及び他のいかなるアフリカ近隣諸国を挑発または侵略するためにナミビアの国際的領土の利用を終結させることを要請する。
  4. 南アフリカ政府に対し、自国の行為による損傷・破壊に対する賠償と侵略軍による装備・物資の接収の回復というアンゴラ人民共和国からの正当な要請に応えることを要請する。
  5. 事務総長に現在の決議の履行状況についてフォローすることを要請する。

分野:
地域: S/RES/322
S/RES/311
アンゴラ情勢
南アフリカ情勢
S/RES/428
S/RES/392
採択順:S/RES/386S/RES/388
Updated : 2009/07/12