Location : Home > SC Resolutions > 1976
Title : S/RES/385 : The Situation in Namibia

安保理決議第385号
ナミビア情勢に関する決議

採択日:1976/01/30
会合:第1885回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 国際連合ナミビア委員会委員長声明に傾聴し、
 南西アフリカ人民機構事務局長であるモーゼス・M・ガロエブ(MosesM. Garoeb)氏の声明を検討し、
 総会がナミビア領土に対する南アフリカの委任統治を終了させた1966年10月27日付総会決議第2145号(XXI)並びに1967年5月19日付決議第2248号(S-V)、その他ナミビアに関する総会決議、特に1974年12月13日付決議第3295号(XXIX)・1975年12月26日付決議第3399号(XXX)を想起し、
 1968年1月25日付安全保障理事会決議第245号・3月14日付決議第246号・1969年3月20日付決議第264号・8月12日付決議第269号・1970年1月30日付決議第276号・7月23日付決議第282号・7月29日付決議第283号及び第284号・1971年10月12日付決議第300号・10月20日付決議第301号・1972年2月4日付決議第310号・1974年12月17日付第366号を想起し、
 南アフリカはナミビア領土から撤退する義務を負うとの1971年6月21日付国際司法裁判所勧告的意見を想起し、
 ナミビアに対する国際連合の法的責任を再確認し、
 南アフリカによるナミビアに対する継続的違法占拠並びに総会・安全保障理事会の決議・決定の遵守の持続的拒否、国際司法裁判所勧告的意見の拒否に懸念し、
 南アフリカのナミビア民衆に対する残忍な抑圧、人権の継続的な蹂躙、ナミビアの国民統一と領土保全を破壊する行い、同地域における好戦的な軍事的集積に深く懸念し、
 南アフリカの非合法占拠体制によるナミビアの軍事化を強く非難し、

  1. 南アフリカによるナミビアに対する継続的違法占拠を非難する。
  2. ナミビアにおける南アフリカによる人種差別的かつ抑圧的な法と慣習の違法かつ恣意的な適用を非難する。
  3. ナミビアにおける南アフリカ軍の集結及び領土内を近隣諸国への攻撃拠点として使用していることを非難する。
  4. 南アフリカに対し、ナミビアの国民統一と領土保全を蹂躙する目的でバンツースタン及びいわゆるホームランドにおける政策を直ちに終了させることを要請する。
  5. さらに南アフリカが安全保障理事会決議第366号(1974)の条項遵守を行わないことを非難する。
  6. さらに、ナミビアにおける国際連合の監視と統制の下での自由な選挙を実施するとの国際連合の明確な要請から逃れようとする南アフリカによるいかなる企ても非難する。
  7. ナミビア民衆が自由に自らの未来を決定できるようにするために、ナミビア全体が1つの政治的実体として、国際連合の監視と統制の下での自由な選挙を実施することが必須であることを宣言する。
  8. さらに、上記第7パラグラフに従った選挙の実施日・予定・方法を決定するにあたり、ナミビアにおいて監視と統制に必要な設備を準備するため、またナミビア民衆がそのような選挙の目的のために政治的に組織化できるように、安全保障理事会が定める適切な時間をとることを宣言する。
  9. 南アフリカに対し、国際連合の監視と統制の下でのナミビアでの選挙実施についての前述の条項を受諾し、国際連合決議及び決定並びに1971年6月21日付国際司法裁判所勧告的意見を受け入れ、ナミビアの領土保全と一国としての統一を認識することに関し、直ちに正式な宣言を行うことを要請する。
  10. 南アフリカが安全保障理事会決議第264号(1969)・第269号(1969)・第366号(1974)に従い撤退し、ナミビアにおいて維持されている違法体制から国際連合の支援によりナミビア民衆へ権限を委譲することを繰り返し要請する。
  11. さらに南アフリカに対し、上記第10パラグラフにおいて示された権限委譲を行っている間、以下のことを要請する。
    1. 世界人権宣言の条文を、精神的にも実際にも、全面的に遵守すること。
    2. 起訴されている/いないにかかわらず、また裁判が行われている/いないにかかわらず、さらに裁判がナミビアまたは南アフリカのどちらで行われたかにかかわらず、いわゆる国内保安法に違反して逮捕された者を含むあらゆるナミビア人政治犯を釈放すること。
    3. 特にバンツー族及びホームランド人に対する、あらゆる人種差別的かつ政治的に抑圧的な法と慣習の適用を停止すること。
    4. 政治的理由で現在亡命中のあらゆるナミビア人に対し、逮捕・拘束・脅迫・収監の恐れなく帰還することに無条件で合意すること。
  12. この問題に引き続き積極的に取り組み、1975年5月30日にまたはそれ以前に現在の決議の条項の南アフリカによる遵守を確認する会合を開催し、遵守がなされない場合には国際連合憲章の下での適切な措置を検討することを決定する。

分野:
地域:S/RES/366ナミビア情勢S/RES/431
採択順:S/RES/384S/RES/386
Updated : 2009/06/21