Location : Home > SC Resolutions > 1974
Title : S/RES/363 : Israel-Syrian Arab Republic

安保理決議第363号
イスラエル=シリア・アラブ共和国問題

採択日:1974/11/29
会合:第1809回会合
投票:賛成13;反対0;不参加2(中国・イラク)

安全保障理事会は、

 国際連合兵力引き離し監視軍(United Nations Disengagement Observer Force)に関する事務総長報告(S/11563)を精査し、
 中東地域における永続的かつ公正な平和構築のための努力及び同地域における情勢の進展に留意し、
 同地域における緊張状態に懸念を表明し、
 軍の撤退に関する2つの合意こそが1973年10月22日付安全保障理事会決議第338号の履行に向けた第一歩であることを再確認し、

以下のことを決定する。

  1. あらゆる関係勢力に対し、安全保障理事会決議第338号(1973)の履行を要請すること。
  2. 国際連合兵力引き離し監視軍への活動委任期限を6か月延長すること。
  3. 事務総長は、状況の進展及び決議第338号(1973)を履行するためにとられた措置について上記期限終了時点で報告を提出すること。

分野:
地域:S/RES/362中東情勢S/RES/368
採択順:S/RES/362S/RES/364
Updated : 2009/03/17