Location : Home > SC Resolutions > 1974
Title : S/RES/359 : The Cyprus Question

安保理決議第359号
キプロス問題

採択日:1974/08/15
会合:第1793回会合
投票:賛成14;反対0;不参加1(中国)

安全保障理事会は、

 キプロス情勢の進展に関する事務総長報告、特にキプロスにおいて今だ継続している軍事行動の直接の結果として国際連合キプロス平和維持軍の要員の犠牲者が増加していることを記している文書 S/11353 Add.24 及び Add.25 に懸念をもって留意し、
 同国内に国際連合軍が駐留していることはキプロス・トルコ・ギリシャ政府により全面的に合意されたことを想起し、
 1974年8月1日付決議第355号において事務総長は安全保障理事会により、第1788回会合における事務総長声明に従い、平和維持軍の役割・機能・兵力及び最近の同国の政治的情勢から派生する問題に対処するにあたり適切な措置を講じるよう要請されたことに留意し、

  1. キプロス平和維持軍要員が死傷させられたという事実に深く悲嘆する。
  2. あらゆる関係勢力に対し、国際連合平和維持軍の国際的地位を全面的に尊重し、その要員の生命や安全を脅かす行為を行わないことを要請する。
  3. この観点から、関係勢力に対し、確固たる、明解な方法で、それぞれの責務を果たす意図を表明することを要請する。
  4. さらにあらゆる勢力に対し、同国のあらゆる地域、あらゆる民族への人道的支援機能を含む、国際連合平和維持軍がその任務遂行にあたり協力することを要請する。
  5. 国際連合キプロス平和維持軍の要員の地位と安全は、その他の国際連合平和維持軍も同様に、あらゆる環境におけるあらゆる勢力からも尊重されるべきであるという基本原則を強調する。

分野:
地域:S/RES/358キプロス情勢S/RES/360
採択順:S/RES/358S/RES/360
Updated : 2009/03/03