Location : Home > SC Resolutions > 1973
Title : S/RES/332 : The situation in the Middle East

安保理決議第332号
中東情勢

採択日:1973/04/21
会合:第1711回会合
投票:賛成11;反対0;棄権4(中国・ギニア・ソ連・合衆国)

安全保障理事会は、

 文書 S/Agenda/1705 に含まれる議題を検討し、
 国産連合あてレバノン常任代表書簡(S/10913)の内容に留意し、
 レバノン及びイスラエルの各代表の声明に傾聴し、
 安全保障理事会決議に対する違反がもたらす悪化した状況に懸念し、
 無辜の個人の生命を損失させ、国際民間航空を危機にさらした最近のあらゆる暴力行為に対し深い遺憾の意を表明し、
 1949年3月23日のイスラエルとレバノンの間の包括的停戦合意及び1967年6月6日付決議第233号・1967年6月7日付決議第234号を想起し、、
 1968年12月31日付決議第262号・1969年4月26日付決議第270号・1970年5月19日付決議第280号・1972年6月26日付決議第316号を想起し、

  1. 無辜の人々の生命を脅かす、または奪うあらゆる暴力行為に懸念を表明し、非難する。
  2. イスラエルにより繰り返される軍事的攻撃並びに国際連合憲章・イスラエル=レバノン間包括停戦合意・安全保障理事会の停戦決議に違反したイスラエルのレバノン領土保全・主権に対する蹂躙を非難する。
  3. イスラエルに対しレバノンに対するあらゆる軍事的攻撃を停止することを要請する。

分野:
地域:S/RES/331中東情勢S/RES/337
採択順:S/RES/331S/RES/333
Updated : 2008/11/16