Location : Home > SC Resolutions > 1973
Title : S/RES/330 : On Peace and Security in Latin America

安保理決議第330号
ラテンアメリカにおける平和と安全について

採択日:1973/03/21
会合:第1704回会合
投票:賛成12;反対0;棄権3(フランス・英国・合衆国)

安全保障理事会は、

 天然資源に対する恒久的主権に関する1962年12月14日付総会決議第1803号(XVII)及び1972年12月18日付決議第3016号(XXVII)を想起し、
 いかなる国家も、他の国家に対し、その国家の主権の行使における服従及びいかなる種類の優位の保証を得るために経済的・政治的その他の措置の行使または行使を奨励することを強要することはできないことを表明した1970年10月24日付総会決議第2625号(XXV)を再確認し、
 さらに国際安全の強化に関する宣言の履行に関する1972年12月15日付総会決議第2993号(XXVII)、特にその第4パラグラフを想起し、
 ラテンアメリカ諸国の天然資源に対する恒久的主権の自由な行使に影響を与える存在及び威圧的な措置の行使に対し懸念をもって留意し、
 威圧的な措置の行使及び奨励はラテンアメリカの平和と安全を脅かすことを認識し、

  1. 各国に対し、ラテンアメリカ諸国を意図的に威圧しようとする者の活動を防止するために適切な措置を講じることを要請する。
  2. ラテンアメリカにおける平和と安全の維持と強化の観点から、各国に対し、当該地域諸国に対するいかなる形態の威圧的措置の行使または奨励を防止することを要請する。

分野:
地域:
採択順:S/RES/329S/RES/331
Updated : 2008/11/07