Location : Home > SC Resolutions > 1973
Title : S/RES/328 : Southern Rhodesia

安保理決議第328号
南ローデシア情勢に関する問題

採択日:1973/03/10
会合:第1694回会合
投票:賛成13;反対0;棄権2(英国・合衆国)

安全保障理事会は、

 1973年2月2日付決議第326号の下に設立された安全保障理事会特別ミッション報告(S/10896 and Corr.1 and Add.1)を謝意をもって検討し、
 さらに国際連合に対するザンビア常任代表声明に傾聴し、
 1970年3月18日付決議第277号第326号を想起し、
 南ローデシア情勢は国際平和と安全に対する脅威であることを再確認し、
 南アフリカ体制が決議第277号(1970)・第326号(1973)に含まれる、南ローデシアからの軍の撤退要請に応えることを一貫して拒否していることを深く懸念し、この事態は安全保障理事会の権威に対する重大な挑戦であることを確認し、
 宗主国としてグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府に対し、人種差別的な非合法少数体制を終結させ、多数決の原則を基本にしたジンバブエ民衆への効果的な権力の委譲を行う第一の責任があることに留意し、
 国際連合憲章において設定され、1960年12月14日付総会決議1514号(XV)の目的に適っている南ローデシア(ジンバブエ)民衆の民族自決と独立に対する不可分の権利及びその権利の享受のために闘争する正当性を再確認し、

  1. 決議第326号の下に設立された安全保障理事会特別ミッションの評価と結論を承認する。
  2. 南ローデシアの非合法体制が関与する最近の挑発的かつ侵略的行為により緊張状態が継続していることを確認する。
  3. この深刻な状態に対する唯一の効果的な解決策は、総会決議第1514号(XV)に従いジンバブエ民衆による民族自決と独立の権利の発動にのみあることを宣言する。
  4. 南アフリカの人種差別的体制が南ローデシアから軍を撤退することを一貫して拒否していることを強く非難する。
  5. 南アフリカ軍を南ローデシア及びザンビア国境から撤退することを繰り返し要請する。
  6. 南ローデシア問題に関し決議第253号(1968)に従い設立された安全保障理事会委員会に対し、南ローデシア(ジンバブエ)に対する制裁の範囲拡大と効果向上に関するあらゆる勧告及び示唆を考慮し、1972年9月29日付安全保障理事会決議第320号の下でなされた報告の準備を要請する。
  7. あらゆる政府に対し、その司法権の及ぶ個人及び組織に対し南ローデシアに対する制裁政策を全面的に遵守させるよう厳格な措置を講じることを要請し、あらゆる政府に対し南ローデシアの人種差別的少数体制を全面的に非合法なものとして扱うことを要請する。
  8. 宗主国としてグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府に対し、ジンバブエ民衆の純粋な代表が領土の将来に関する解決策を検討できるよう国民憲法会議を可及的速やかに召集することを要請する。
  9. 英国政府に対し、ジンバブエ民衆が民族自決及び独立の権利を自由かつ全面的に行使できるよう、以下の項目を含むあらゆる措置を講じることを要請する。
    1. 全ての政治的拘留者・抑留者・行動制限者の釈放
    2. あらゆる抑圧的・差別的立法の撤廃
    3. 政治活動に対する制限の解除並びに全面的な民主的自由と政治的権利の平等の確立
  10. 将来の進展を視野に入れ、さらなる行動を検討するために再度会合を持つことを決定する。

分野:
地域:S/RES/326南ローデシア情勢S/RES/333
採択順:S/RES/327S/RES/329
Updated : 2008/10/29