Location : Home > SC Resolutions > 1973
Title : S/RES/326 : Provocation by Southern Rhodesia

安保理決議第326号
南ローデシア情勢に関する問題

採択日:1973/02/02
会合:第1691回会合
投票:賛成13;反対0;棄権2(英国・合衆国)

安全保障理事会は、

 1973年1月24日付国際連合宛ザンビア常任代表書簡(S/10865)に留意し、ソールズベリー(Salisbury)における非合法体制によるザンビアに対する最近の挑発行為に関するザンビア常任代表による声明に傾聴し、
 南ローデシアの非合法体制が関与したザンビアの安全及び経済に対する挑発及び侵略行為により生み出された情勢に深く懸念し、
 国際連合憲章において設定され、1960年12月14日付総会決議1514号(XV)の目的に適っている南ローデシア(ジンバブエ)民衆の民族自決と独立に対する不可分の権利及びその権利の享受のために闘争する正当性を再確認し、
 南ローデシア情勢は国際平和と安全に対する脅威であると見なした1966年12月16日付決議第232号を想起し、
 非合法体制によるザンビアに対する最近の挑発及び侵略行為は情勢を悪化させていることを認識し、
 非合法体制を終結させるために安全保障理事会で承認した措置が失敗したことを深く懸念し、制裁は包括的・強制的かつ効果的に監督されない限り、またその措置は違反した国家にも適用されない限り終結しないことを確信し、
 1970年3月18日付安全保障理事会回決議第277号に反した南ローデシアにおける継続的な非合法なプレゼンス及び南アフリカの意図的な軍事介入並びにザンビア及びその他の近隣アフリカ諸国の主権と領土保全を脅かす南アフリカ武装軍による展開に対し深く懸念し、
 南ローデシアにおける非合法体制及びザンビアへの共謀者の侵略行為による人命の損失と財産への被害に深く驚き悲嘆し、
 関連する国際連合決議に従い、南ローデシアの植民地に対するグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国の第一の責任を再確認し、

  1. 南アフリカの人種差別体制に共謀した非合法体制によるザンビアに対する経済封鎖・脅迫・軍事的脅威を含むあらゆる挑発及び嫌がらせ行為を非難する。
  2. 南ローデシア(ジンバブエ)民衆の基本的自由及び権利を侵害するあらゆる政治的弾圧、特に最近の集団の処罰措置を非難する。
  3. グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府に対し、南ローデシア及び南アフリカの非合法かつ人種差別的体制によるそれらの行為を終結させるためのあらゆる効果的な措置を講じることを要請する。
  4. 南ローデシア(ジンバブエ)における反乱を終結させるために採られた措置に遺憾の意を表明する。
  5. 決議第277号に反した南ローデシアにおける南アフリカ軍部隊の継続的なプレゼンスを非難する。
  6. 南アフリカ武装軍の南ローデシア及びザンビア国境地帯からの即時かつ全面的撤退を要請する。
  7. 宗主国としての英国政府に対し、現在の決議第6パラグラフの効果的履行を保証することを要請する。
  8. 南ローデシアに関する決議第253号(1968)に従い設置された安全保障理事会委員会に対し、南ローデシアにおける最近の進展を考慮しつつ1972年9月29日付決議第320号の下で作成される報告の準備を迅速化する ことを要請する。
  9. 理事国との協議の上、議長より任命される安全保障理事会の4理事国からなる特別ミッションを派遣することを決定し、同ミッションに対し遅くとも1973年3月1日までに報告書を作成することを要請する。
  10. ザンビア・英国・南アフリカ政府に対し、そのミッションの任務の遂行に必要な協力と支援を行うことを要請する。
  11. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/320南ローデシア情勢S/RES/328
採択順:S/RES/325S/RES/327
Updated : 2008/10/07