Location : Home > SC Resolutions > 1970
Title : S/RES/288 : Question concerning the Situation in Southern Rhodesia

安保理決議第288号
南ローデシア情勢に関する問題

採択日:1968/11/17
会合:第1557回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 1965年11月12日付決議第216号・1965年11月20日付決議第217号・1966年4月9日付決議第221号・1966年12月16日付決議第232号・1968年5月29日付決議第253号・1970年3月18日付決議第277号を再確認し、
 国際連合憲章第25条の下での義務にもかかわらず、いくつかの国家が決議第232号第253号第277号の条項を遵守しないことに深く懸念し、
 南ローデシア民衆が民族自立と独立を達成できるようにし、特に違法な独立宣言を撤回させることに対する、グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府の第一の責任を再確認し、
 安全保障理事会決議第253号(1968)に基づき設置された委員会の第3回報告に留意し、
 国際連合憲章第7章の下で、同国に関する過去の安全保障理事会決議及び決定に従い行動し、

  1. 南ローデシアの違法な独立宣言への非難を再確認する。
  2. 宗主国としてのグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府に対し、その責務を果たすにあたり、南ローデシアにおける反乱を終結させ、同国民衆が国際連合憲章において設定された権利を享受し、1960年12月14日付総会決議第1514号(XV)の目的に適うようにするためにあらゆる必要な措置を講じることを要請する。
  3. 同国に対する現在の制裁は有効であることを決定する。
  4. あらゆる国家に対し、国際連合憲章第25条の下における義務に従い、同国に関するあらゆる安全保障理事会決議を全面的に遵守することを要請し、違法な体制に対する道義的・政治的・経済的支援を提供する国家の態度を非難する。
  5. さらにあらゆる国家に対し、安全保障理事会の目的に従い、同国の違法な体制に対しいかなる承認も与えないことを要請する。
  6. この問題に引き続き積極的に取り組むことを決定する。

分野:
地域:S/RES/277南ローデシア情勢S/RES/314
採択順:S/RES/287S/RES/289
Updated : 2008/05/01