Location : Home > SC Resolutions > 1970
Title : S/RES/282 : The Question of race conflict in South Africa resulting from the policies of apartheid of the Government of the Republic of South Africa

安保理決議第282号
南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策による人種紛争問題

採択日:1970/07/23
会合:第1549回会合
投票:賛成12;反対0;棄権3(フランス・英国・合衆国)

安全保障理事会は、

 加盟40か国から提出された、南アフリカ共和国政府のアパルトヘイト政策による人種紛争問題を検討し、
 邪悪で残酷なアパルトヘイト政策及び同国政府によりその政策を国境外にも拡大しようとする措置に対し非難を繰り返し、
 国際連合憲章及び世界人権宣言において設定された人権及び政治的権利を追求する同国の抑圧された民衆の闘争の正当性を認識し、
 同国政府による、人種差別的政策の撤廃並びに同国に関する他の問題に関する安全保障理事会及び総会決議並びの遵守を拒絶したこと対し深く懸念し、
 1963年8月7日付決議第181号・1963年12月4日付決議第182号・1964年6月18日付決議第191号により要請された武器禁輸の違反により醸成した事態を深く懸念し、
 上記決議により要請された武器禁輸の強化の必要性を確信し、
 さらに、アパルトヘイト政策の継続的適用並びにいくつかの加盟国からの武器・軍事車両の取得及び軍事品の予備部品及びいくつかの加盟国からのライセンスによる現地工場における武器・弾薬の生産による同国武装軍の強化によって引き起こされる情勢は国際平和と安全に対する潜在的脅威となることを確信し、
 同国の軍事的増強は、アフリカの独立国家、特に近隣諸国の安全・主権に対する現実的な脅威となることを認識し、

  1. 南アフリカ共和国政府のアパルトヘイト政策に対し全面的に反対することを繰り返し強調する。
  2. 決議第181号(1963)・第191号(1964)を再確認する。
  3. 決議第181号(1963)・第182号(1963)・第191号(1964)において養成された武器禁輸に対する違反を非難する。
  4. あらゆる国家に対し以下のように武器禁輸を強化することを要請する。
    1. 同国に対する武器禁輸を無条件かつ留保なしで全面的に履行すること。
    2. 同国内の武装組織・民兵組織に利用される恐れのある乗り物・装備備品の提供を抑制すること。
    3. 同国内の武装組織・民兵組織に利用される恐れのある乗り物・装備の予備備品の提供を停止すること。
    4. 同国政府及び武器・弾薬・軍用機・艦船その他軍事車両を製造する同国内企業に対するあらゆるライセンス及び軍事特許の使用許可を取り消すこと。
    5. 武器・弾薬・軍用機・艦船その他軍事車両を製造する同国内工場に対するあらゆる資金提供・技術支援を禁止すること。
    6. 同国武装軍兵士への軍事訓練及び同国とのあらゆる形態の軍事的協力を停止すること。
    7. 上記の対策を効果的に実施するための適切な措置を講じること。
  5. 事務総長に対し、現在の決議履行に関し緊密にフォローし、適宜安全保障理事会に報告することを要請する。
  6. あらゆる加盟国に対し、南アフリカに対する武器禁輸を厳格に監視し、現在の決議履行に際し、効果的に支援することを要請する。

分野:S/RES/191人権関連S/RES/311
地域:S/RES/191南アフリカ共和国情勢S/RES/311
採択順:S/RES/281S/RES/283
Updated : 2008/05/23