Location : Home > SC Resolutions > 1967
Title : S/RES/242 : The situation in the Middle East

安保理決議第242号
中東情勢

採択日:1967/11/22
会合:第1371回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 中東における深刻な状況に継続的な懸念を表明し、
 戦争による領土の取得は受け入れられないこと並びに当該地域のいかなる国家も安全に住むことのできる公正で永続的な平和のために活動する必要性を強調し、
 さらに、国際連合憲章を受諾したあらゆる国家は国際連合憲章第2条に従い行動する責務があることを強調し、

  1. 国際連合憲章の原則の実現には、以下の原則の適用を含む中東における公正で永続的な平和を確立することが要請されることを確認する。
    1. 最近の紛争で占領した領土からのイスラエル軍の撤退
    2. 主戦論の終了並びに主権・領土保全・当該地域におけるあらゆる国家の政治的独立及び安全と承認された国境の下で脅威や力の行使から自由で平和に生きる権利の認識と尊重
  2. さらに、非武装地帯の設置を含む措置により、以下の必要性を確認する。
    1. 当該地域の国際運河の航行の自由の保障
    2. 難民問題の公正な解決の実現
    3. 当該地域のあらゆる国家の領土不可侵と政治的独立の保障
  3. 事務総長に対し、協定の促進と平和的かつ本決議の条項と原則に従った受諾に基づく解決の達成への努力のために特別代表を任命することを要請する。
  4. 事務総長に対し、安全保障理事会に対し特別代表の努力の進展に関し可及的速やかに報告することを要請する。

分野:
地域:S/RES/240中東情勢S/RES/248
採択順:S/RES/241S/RES/243
Updated : 2007/10/27