Location : Home > SC Resolutions > 1967
Title : S/RES/237 : The situation in the Middle East

安保理決議第237号
中東情勢

採択日:1967/06/14
会合:第1361回会合
投票:全会一致

安全保障理事会は、

 中東における紛争に関連する被害における文民及び戦争捕虜を救助する緊急の必要性を考慮し、
 戦争の苦難の期間であっても本質的かつ不可分の人権は尊重されるべきであることを考慮し、
 捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーブ条約におけるあらゆる義務が紛争に関係する全勢力に適用されることを考慮し、

  1. イスラエル政府に対し、軍事活動が行われている地域の住民の安全・福祉・保安を確保すること並びに戦闘開始以後これらの地域から避難した住民の帰還を促進することを要請する。
  2. 関係政府に対し、1949年8月12日のジュネーブ諸条約における戦争捕虜の扱い及び文民の保護に関する人道的諸原則を良心的に尊重することを勧告する。
  3. 事務総長に対し、本決議の効果的履行のフォローを行い、安全保障理事会に報告することを要請する。

分野:
地域:S/RES/236中東情勢S/RES/240
採択順:S/RES/236S/RES/238
Updated : 2007/10/27