Location : Home > SC Resolutions > 1966
Title : S/RES/232 : Question concerning the Situation in Southern Rhodesia

安保理決議第232号
南ローデシア情勢に関する問題

採択日:1966/12/16
会合:第1340回会合
投票:賛成11;反対0;棄権4(ブルガリア・フランス・マリ・ソビエト連邦)

安全保障理事会は、

  1965年11月12日付決議第216号・1965年11月20日付決議第217号・1966年4月9日付決議第221号、特に原油及び石油製品の禁輸を含む南ローデシアとの経済関係を最大限制限することをあらゆる国家に要請したことを想起し、
 安全保障理事会の努力及び統治当局によりとられた措置にもかかわらず南ローデシアの反乱を終結させられなかったことに深く懸念し、
 現在の決議を破棄するのではなく拡張し、決議第217号で示された措置は、その決議の履行が加盟国により主導されたことも含め、有効であることを再確認し、
 国際連合憲章第39条第41条の下に行動し、

  1. 南ローデシアの現在の情勢を国際平和と安全に対する脅威と見なす。
  2. あらゆる国際連合加盟国は、現在の決議以前に有効となった契約または保証された許諾があったとしても、以下のことを行わないことを決定する。
    1. 南ローデシア産で現在の決議採択日以降に輸出された石綿・鉄鉱石・クロム・銑鉄・砂糖・煙草・銅・食肉・肉製品・皮革・革製品の領土内への輸入。
    2. 南ローデシアからの製品の輸出を促進するまたは促進を意図した自国籍者または自国内における活動並びに南ローデシア産で現在の決議以降に輸出された製品を自国籍者または自国内において扱うこと。またはそれらの活動を目的として南ローデシアに送金すること。
    3. 南ローデシア産で現在の決議採択日以降に輸出された製品を自国に登録された船舶及び航空機に積載すること。
    4. 南ローデシアに対する武器・あらゆる種類の弾薬・軍事航空機・軍事車両並びに南ローデシアにおける武器・弾薬の製造・維持のために装備及び物資の販売または積載を促進するまたは促進を意図した自国籍者または自国内における活動。
    5. 南ローデシアにおける航空機・自動車本体及びその製造・組み立て・維持のための装備及び物資の南ローデシアへの供給を促進するまたは促進を意図した自国籍者または自国内における活動。南ローデシア向けのそれらの物資の船舶及び航空機への積載。南ローデシアにおける航空機・自動車本体及びその製造・組み立て・維持を意図した自国籍者または自国内における活動。
    6. 領土または統治下の領土における、輸送または空輸による、自国民または自国登録の輸送手段による南ローデシアへの石油または石油製品の供給への参加。
  3. 加盟国に対し、現在の決議の履行への拒絶は国際連合憲章第25条への違反となることを想起させる。
  4. 南ローデシア民衆の1960年12月14日付総会決議第1514号(XV)における植民地と人民の独立を付与する宣言(the Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples)に従う自由と独立に関する不可分の権利を再確認し、国際連合憲章に設定されている権利の享受を保障するための闘争の正当性を認識する。
  5. あらゆる国家に対し、南ローデシアの非合法人種差別的体制への財政的その他経済支援を行わないことを要請する。
  6. 国際連合加盟国に対し、国際連合憲章第25条に従い安全保障理事会決定を実行することを要請する。
  7. 国際連合憲章第2条に記された趣旨に従い、国際連合の加盟国でない国に対し現在の決議第2パラグラフの条項に従い行動することを要請する。
  8. 国際連合加盟国及び特別機関の加盟国に対し、現在の決議第2パラグラフに従ってとった措置について事務総長に報告することを要請する。
  9. 事務総長に対し、現在の決議の履行の進展について安全保障理事会に報告することを要請し、最初の報告は1967年3月1日以前とする。
  10. 事態の進展に伴いさらなる適切な行動をとるためにこの問題を議題として扱うことを決定する。

分野:
地域:S/RES/221南ローデシア情勢S/RES/253
採択順:S/RES/231S/RES/233
Updated : 2007/10/23