Location : Home > SC Resolutions > 1965
Title : S/RES/217 : Question concerning the Situation in Southern Rhodesia

安保理決議第217号
南ローデシア情勢に関する問題

採択日:1965/11/20
会合:第1265回会合
投票:賛成10;反対0;棄権1(フランス)

安全保障理事会は、

 南ローデシア情勢を深く懸念し、
 同国の非合法な当局が独立を宣言したこと並びにグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国政府が宗主国として反乱行為と見なしていることに留意し、
 英国政府がこの情勢に措置を講じること並びにその措置は事態の重大さに対応した効果的なものであるべきことに留意し、

  1. 南ローデシアの非合法な当局による独立宣言からもたらされた情勢は極めて深刻であり、英国政府がこの事態を収拾すべきであり、この事態の継続は国際平和と安全に対する脅威となると決定する。
  2. 1965年11月12日付決議第216号及び1960年12月14日付総会決議第1514号(XV)を再確認する。
  3. 南ローデシアの人種差別的入植少数派による権力簒奪を批難し、彼らによる独立宣言は法的な妥当性を持たないものであると見なす。
  4. 英国政府に対し、この人種差別的少数派による反乱を鎮圧することを要請する。
  5. さらに英国政府に対し、簒奪者の権限を排除し、南ローデシア少数派体制を即時終結させるために効果的なあらゆる有効な措置を講じることを要請する。
  6. あらゆる国家に対し、この非合法な当局を承認しないこと並びに外交的関係を樹立しないことを要請する。
  7. 1961年の制憲作業は崩壊しているとし、英国政府に対し、南ローデシア国民が総会決議第1514号(XV)の目的に従い自らの将来を決定することができるような措置を直ちに講じることを要請する。
  8. あらゆる国家に対し、この非合法体制を支援及び賞賛することをしない、特に武器・装備・軍事物資を提供するを停止すること並びに石油の禁輸を含む南ローデシアとの経済関係を停止するために最大限の作業を行うことを要請する。
  9. 英国政府に対し、上記第8パラグラフで示されたとおり、既に提示されたあらゆる措置を強化することを要請する。
  10. アフリカ統一機構に対し、国際連合憲章第7章に従い、現在の決議の履行支援のためにあらゆる行動をとることを要請する。
  11. この問題を必要なときに他の措置を検討できるように見直す状態にしておくことを決定する。

分野:
地域:S/RES/216南ローデシア情勢S/RES/221
採択順:S/RES/216S/RES/218
Updated : 2007/10/01