Location : Home > SC Resolutions > 1963
Title : S/RES/181 : Question relating to the policies of apartheid of the Government of the Republic of South Africa

安保理決議第181号
南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策に関する問題

採択日:1963/08/07
会合:第1056回会合
投票:賛成9;反対0;棄権2(フランス・英国)

安全保障理事会は、

 アフリカの加盟国23か国から提出された、南アフリカ共和国政府のアパルトヘイト政策に起因する人種民族間紛争の問題を検討し、
 1960年4月1日付決議第134号を想起し、
 1962年11月6日付総会決議、特に第4・第8パラグラフに反映された世界世論を考慮し、
 南アフリカ共和国政府アパルトヘイト政策特別委員会による1963年5月6日付及び7月16日付中間報告に謝意をもって留意し、
 昨今の同国政府の武装強化及び、それらの武器は政府の人種差別政治家の勢力拡大に利用されていることに懸念をもって留意し、
 さまざまな方法で同国政府に対し、アパルトヘイト政策を存続させるために力により助力している国家があることに懸念を表明し、
 同国を安全保障理事会に招聘したにもかかわらず参加しないことに懸念を表明し、
 同国の情勢は深刻に国際平和と安全を乱していることを確信し、

  1. 人種差別の存続に関する南アフリカ共和国の政策は国際連合憲章に含まれる原則と矛盾し、国際連合加盟国の義務に違反することを強く批難する。
  2. 同国政府に対し、決議第134号において要請したようにアパルトヘイト及び差別政策を中止し、アパルトヘイトに反対したという理由で収監・拘束またはその他の制限を受けている人々の解放を要請する。
  3. あらゆる国家に対し、同国に対する武器・あらゆる種類の弾薬・軍事車両の提供を停止するよう厳粛に要請する。
  4. 事務総長に対し、同国の情勢を観察し、1963年10月30日までに報告を提出することを要請する。

分野:S/RES/138人権関連S/RES/182
地域:S/RES/134南アフリカ共和国情勢S/RES/182
採択順:S/RES/180S/RES/182
Updated : 2007/07/23