Location : Home > SC Resolutions > 1957
Title : S/RES/126 : The India-Pakistan Question

安保理決議第126号
インド=パキスタン問題に関する決議

採択日:1957/12/02
会合:第808回会合
投票:賛成10;反対0;棄権1(ソビエト連邦共和国)

安全保障理事会は、

 1957年2月21日付決議第123号に従い提出された任務に関する、スウェーデン代表であるガンナー.V.ヤーリング氏(Mr. Gunnar V. Jarring)報告を受領し、謝意をもって留意し、
 任務遂行に関するヤーリング氏の尽力と能力に謝意を表明し、
 平和的解決に向けて国際連合に対し真摯に協力した両国による表明に謝意をもって留意し、
 さらに、インド・パキスタン両政府が、ジャム・カシミール州の将来の地位が自由かつ公平な住民投票という民主的な方法にしたがって表明された住民の意思に従い決定されることを定めた1948年1月17日付決議第38号並びに1948年8月13日付及び1949年1月5日付国際連合インドパキスタン委員会決議の条項を認識し受諾したこと並びにヤーリング氏がその全面履行に対する障害を明らかにすることを適切と見なしたことに留意し、
 報告において宣言されている紛争解決に向けた進展の欠如に懸念を表明し、
 解決への段階の1つとしての、ジャム州・カシミール州の非武装化に尽力することの重要性を考慮し、
 過去の安全保障理事会決議及びインド=パキスタン問題に関する国際連合インド・パキスタン委員会決議を想起し、

  1. インド・パキスタン両政府に対し、情勢を不安定化させかねない声明及び行為または許可を与えないこと並びにさらなる交渉の促進に向けた望ましい雰囲気の創生と維持を支援するよう相互の民衆に呼びかけるとを要請する。
  2. 国際連合インド・パキスタン代表に対し、1948年8月13日付及び1949年1月5日付国際連合インドパキスタン委員会決議の履行並びに平和的解決に向けた進展をなすとの観点から両国に対する勧告を行うことを要請する。
  3. 国際連合代表がこれらの目的のために当該地域を訪問することを承認する。
  4. 国際連合代表に可及的速やかに自らの努力に関して安全保障理事会に提出することを指示する。

分野:
地域:S/RES/123インド=パキスタン情勢
採択順:S/RES/125S/RES/127
Updated : 2007/05/15