Location : Home > SC Resolutions > 1950
Title : S/RES/82 : Complaint of aggression upon the Republic of Korea

安保理決議第82号
大韓民国への侵略に対する非難

採択日:1950/06/25
会合:第473回会合
投票:賛成9;反対0;棄権1(ユーゴスラビア)

安全保障理事会は、

 大韓民国政府は、国際連合朝鮮問題臨時委員会(United Nations Temporary Commission on Korea)が監視し助言を与えており、同国民衆の大半が居住する同国の地域に対し効果的な統制と司法権を確保している、合法的に設立された政府であり、当該政府は臨時委員会の監視の下、同地域の有権者の自由な意思の表明により選出された政府であり、同国の唯一の政府であるとの、1949年10月21日付総会決議第293号(IV)における結論を想起し、

 同国の完全な独立と統一をもたらすために国際連合により達成せられた結果を蹂躙する行為を加盟国が行わない限り後続するであろう事態に関する1948年12月12日付決議第195号(III)及び1949年10月21日付決議第293号(IV)において総会が表明した懸念並びに臨時委員会が報告において記述した事態が大韓民国及び同国民衆の安全と福祉を脅威を与え、軍事衝突を引き起こす恐れがあることに対し表明された懸念に留意し、

 北朝鮮からの大韓民国に対する武力攻撃に対し深い懸念を示し、

 この行為は平和への侵害であることを決定する。

I

 戦闘の即時停止を要請する。
 北朝鮮当局に対し38度線までの武装部隊の撤退を要請する。

II

 国際連合朝鮮問題臨時委員会に対し以下のことを要請する。

  1. 可能な限り早急にこの情勢に対する十分に検討された勧告を検討すること。
  2. 北朝鮮軍の38度線までの撤退を監視すること。
  3. 本決議の履行状況に関して定期的に安全保障理事会に報告すること。

III

 あらゆる加盟国に対し本決議の履行にあたり国際連合への支援提供並びに北朝鮮当局への支援提供を抑止することを要請する。


分野:
地域:朝鮮半島情勢S/RES/83
採択順:S/RES/81S/RES/83
Updated : 2007/02/14