Location : Home > SC Resolutions > 1949
Title : S/RES/72 : The situation in Palestine

安保理決議第72号
パレスチナ情勢に関する決議

採択日:1949/08/11
会合:第437回会合
投票:無投票

安全保障理事会は、

 任期終了時に提出されたパレスチナ調停官代理報告に留意し、

  1. パレスチナ情勢を安定化させ、10名の要員とともに人生を国際連合の任務に捧げた故ベルナドッテ伯爵(Count Folke Bernadotte)の、忍耐強さ・国際平和への理想への献身に特別な敬意を表すことを要請する。
  2. エジプト・ヨルダン・レバノン・シリアを一方の当事者とし、イスラエルを他方の当事者とする停戦合意の交渉を成功裏に導いた調停官代理のブンシェ博士(Dr. Ralph J. Bunche)の任務の指揮・理解・忍耐・貢献の質に深い謝意を表明することを要請する。
  3. 国際連合事務局・ベルギー・フランス・スウェーデン・合衆国のスタッフまたはパレスチナ軍事監視員としての従事した要員を含むパレスチナ国内における国際連合ミッションの要員に謝意を表明することを要請する。

分野:
地域:S/RES/66中東情勢S/RES/73
採択順:S/RES/71S/RES/73
Updated : 2006/12/22