Location : Home > SC Resolutions > 1948
Title : S/RES/49 : The situation in Palestine

安保理決議第49号
パレスチナ情勢に関する決議

採択日:1948/05/22
会合:第302回会合
投票:賛成8;反対0;棄権3(シリア・ウクライナ・ソビエト連邦)

安全保障理事会は、

 パレスチナに関連するも遵守されていない過去の安全保障理事会決議並びに同地域における軍事活動を考慮し、

  1. 政府当局に対し、関係者の権利・要望・地位に抵触することなく、いかなる敵対的軍事行為も抑制させ、ニューヨーク標準時で1948年5月22日午前0時以降36時間以内に軍事的・準軍事的行為の停止命令が効力を持つよう措置を講じるよう要請する。
  2. 停戦委員会(The Truce Commission)及び関係諸勢力に対しエルサレム市街における停戦の交渉及び維持を最優先とすることを要請する。
  3. 1948年4月23日付決議第48号により設置された停戦委員会に対し、上記2パラグラフの内容に関し安全保障理事会に報告するよう命令する。
  4. 関係諸勢力に対し、1948年5月14日付総会決議第186号(S-2)の履行にあたり任命された国際連合調整官の任務遂行に関しあらゆる措置を講じることを要請する。

分野:
地域:S/RES/48中東情勢S/RES/50
採択順:S/RES/48S/RES/50
Updated : 2005/09/26