Location : Home > SC Resolutions > 1948
Title : S/RES/48 : The situation in Palestine

安保理決議第48号
パレスチナ情勢に関する決議

採択日:1948/04/23
会合:第287回会合
投票:賛成8;反対0;棄権3(コロンビア・ウクライナ・ソビエト連邦)

安全保障理事会は、

 あらゆる関係勢力にパレスチナにおける停戦の条件を遵守することを要請する1948年4月17日付決議第46号を参照し、

 しかしながらシリア代表はシリア政府は同委員会のために活動する準備がないことを示したことに留意しつつ、エルサレム領事官吏からなるパレスチナ停戦委員会(a Truce Commission for Palestine)を設置する。同委員会の機能は決議第46号の関係者による履行の監視にあたり安全保障理事会を支援することである。
 同委員会に対し、その活動・情勢の改善点について4日以内に、その後は適宜、安全保障理事会議長に報告することを要請する。
 同委員会及びその委員・助手・要員は、委員会が任務の遂行上必要とみなした場所に、個別でまたは複数で赴く権限が与えられるものとする。
 事務総長は同国に関する情勢の特別な緊急性を考慮し、同委員会が必要とする人的・物的支援を提供しなければならない。


分野:
地域:S/RES/46中東情勢S/RES/49
採択順:S/RES/47S/RES/49
Updated : 2005/09/26