Location : Home > SC Resolutions > 1947
Title : S/RES/30 : The Indonesia Question

安保理決議第30号
インドネシア問題に関する決議

採択日:1947/08/25
会合:第194回会合
投票:賛成7;反対0;棄権4(コロンビア・ポーランド・ソビエト連邦・英国)

 1947年8月1日に安全保障理事会はオランダ及びインドネシア共和国に対し即時に停戦するよう要請し、

 停船命令を与えたとのオランダ・インドネシア両国政府からの連絡を受け取り、

 停戦命令を遵守するために紛争や摩擦を防止し、両国間の協定を促進するための条件の創設のための措置を講じることが望まれ、

 安全保障理事会は、

  1. 1947年8月1日付決議第27号に応じて両国がとった措置に満足を持って留意する。
  2. 1947年8月11日にオランダ政府によりなされた、リンガジャティ協定(Linggadjati Agreement)の目的に従い民主的なインドネシア連邦国家の主権を尊重する意図を表明する旨の声明に満足をもって留意する。
  3. オランダ政府がバタビア(Batavia)に在留する総領事に対し即時に現在のインドネシア共和国情勢について報告することを要請する意図であることに留意する。
  4. インドネシア共和国政府が安全保障理事会による監視委員会(commission of observers)を任命することを要請したことに留意する。
  5. バタビアに総領事を置く安全保障理事国政府に対し、1947年8月1日付決議に従い提出されるインドネシア共和国情勢に関する安全保障理事会報告の情報及び指針に対し準備するよう命令することを要請する。その報告は停戦命令の監視、軍事占領地域及び現在占領されているが両国間の協定により部隊が撤退するであろう地域の情勢を扱っていることとする。
  6. オランダ政府及びインドネシア共和国政府に対し、第5パラグラフで言及された代表が、任務を効果的に遂行するために必要なあらゆる便宜を図ることを要請する。
  7. 状況に応じさらにこの事態を検討することを決定する。

分野:
地域:S/RES/27インドネシア情勢S/RES/31
採択順:S/RES/29S/RES/31
Updated : 2006/06/26