Location : Home > SC Resolutions > 1946
Title : S/RES/15 (1946) : The Greek Question

安保理決議第15号
ギリシャ問題に関する決議

採択日:1946/12/19
会合:第87回会合
投票:全会一致

 安全保障理事会に対し、ギリシャ北部において一方にギリシャ、他方にアルバニア・ブルガリア・ユーゴスラビアが面している国境地帯における騒乱状態に関しギリシャ・ユーゴスラビア・アルバニア・ブルガリア政府により提出された口頭及び書面での声明があるが、安全保障理事会の見解では、この問題に関していかなる結論に達する前に調査すべきであるとし、

 安全保障理事会は、以下のように決定する。

 安全保障理事会は、国際連合憲章第34条に基づき、ギリシャを一方としアルバニア・ブルガリア・ユーゴスラビアを他方とする国境の蹂躙に関する事実を解明するために調査委員会(Commission of Investigation)を設置すること。

 同委員会は安全保障理事会の理事国の代表により構成され、1947年も継続すること。

 同委員会は1947年1月15日以降は活動を行わないこと並びに調査の結果明らかになった事実を可能な限り早急に安全保障理事会に報告すること。また安全保障理事会からの助言を必要とすると見なされる場合または安全保障理事会から要請があった場合には中間報告を行うこと。

 同委員会は、上記の国境蹂躙及び騒乱の原因と性質を明らかにするために必要と見なされる場合は、ギリシャ北部のみならずギリシャの他地域・アルバニア・ブルガリア・ユーゴスラビアを調査する権限を持つこと。

 同委員会は上記各国政府・各国政府職員・各国国民に対し調査に必要と見なされる資源を要請する権限を持つこと。

 安全保障理事会は、事務総長に対し上記各国における委員会の活動について各国当局に連絡を取ることを要請すること。

 同委員会の各代表は自らを補佐する要員を指名する資格があること。さらに安全保障理事会は事務総長に対して同委員会の任務の効果的実施に関して必要と見なされる要員と支援を提供することを要請する。

 ギリシャ・アルバニア・ブルガリア・ユーゴスラビア各国政府の各代表はその協力の能力の範囲内で同委員会の活動を支援すること。

 同委員会は当該地域において国境蹂躙及び騒乱を防止するために必要と思われるいかなる提案も歓迎すること。


分野:
地域:S/RES/12ギリシャ情勢S/RES/17
採択順:S/RES/14S/RES/16
Updated : 2006/02/17