Location : Home > SC Resolutions > 1946
Title : S/RES/3 : The Iranian Question

安保理決議第3号
イラン問題に関する決議

採択日:1946/04/04
会合:第30回会合
投票:賛成9;不投票1(オーストラリア);欠席1(ソビエト連邦)

 安全保障理事会は、

 1942年1月29日の3者協議(Tri-partie Treaty)において規定された撤退期限を超過してもソビエト社会主義連邦共和国部隊がイラン国内に駐留しているとの安全保障理事会に対するイラン代表による声明に留意し、
 両国間の交渉の状態及びソビエト連邦の撤退が他の問題に関する協定を条件としているか否かに関する情報を得るために事務総長の要請に従い提出された両国からの4月3日付回答に留意し、
 ソビエト連邦部隊の撤退は既に開始されており、可能な限り迅速に撤退することが同国の意図であり、同国部隊のイラン全土からの撤退は6週間以内に完了することを期待し、両国政府間の交渉における提案はソビエト連邦部隊の撤退とは無関係であるとのソビエト連邦政府からの確約に特に留意かつ信頼し、
 イランにおけるソビエト連邦部隊の存在がイラン及びソビエト連邦間の政府間交渉の行方に影響を与えないよう注意を払い、
 イラン全土からのソビエト連邦部隊の撤退が、同政府が撤退完了の意図を表明した期限よりも短い期間で終了することはありえないことを認識し、
 安全保障理事会はさらなる議事進行を5月6日まで延期し、その期日までにソビエト連邦政府及びイラン政府はイラン全土からのソビエト連邦部隊の撤退完了に関して安全保障理事会に報告すること並びにもしあればさらなるイランの要請を検討することを決定し、
 しかしながら、その間にソビエト連邦またはイランまたは安全保障理事会理事国により、事務総長に対し、ソビエト連邦部隊のイランからの撤退を妨害またはその恐れがあるとの報告がなされた場合には、ソビエト連邦の確認の下、事務総長は即座に安全保障理事会に対処すべき第一議題として注意を喚起する。


分野:
地域:S/RES/2イラン情勢S/RES/5
採択順:S/RES/2S/RES/4
Updated : 2006/05/25