Location : Home > Daily News
Title : November 2004
SUN Banner

10月分へ|メニューへ12月分へ→

2004年11月
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

11月 1日(月曜日) Tat

パレスチナ人の子供死亡の報相次ぐ、事務総長市民の保護を訴え

 イスラエルによるパレスチナ地域の占領作戦が続く中、子供の死亡が相次ぎ報告されていることに悲嘆を表明し、アナン事務総長はイスラエル政府に対し、市民の殺傷を避けるための方策をとるよう要請。

テルアビブ市場での自爆テロを非難

 テルアビブのCarmel市場での自爆テロで少なくとも3人が殺害され多く人が負傷した事件につき、事務総長、国連大使などが非難の意を表明した。

IAEA事務局長イランの核遵守要請を繰り返し

 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長はイランに対し、ウラン濃縮および再処理活動を停止することで、信頼を醸成するための最大限の努力をするべきと要請した。

北ウガンダの国内避難民キャンプでコレラ流行

 北ウガンダで最も古い国内避難民キャンプが最近深刻な嵐に見舞われたことで数千人が住居を追われ、現在コレラの流行と戦っている、と国連援助調整事務所が報告。

ほとんどの大企業が社会的環境的リスクの情報開示せず、国連調査

 国連環境計画は民間会社 SustainAbility 社とスタンダード・アンド・プアーズ社との協力のもと調査報告を公表、ほとんどの上位大企業は環境問題、社会問題の事業機会への影響について、投資家に対し報告していない、と指摘。今年の年次報告書で情報開示したのは上位50社のうち3社のみ。

今日の一言:米大統領選前のNYでの雑感

 いよいよ米大統領選を明日迎えます。こちらニューヨークも盛り上がっています。
 週末のユニオンスクエア・パークには平和署名のボランティアや反戦グッズの露店、世界平和をアピールするグループが溢れ、出勤するOLさんにも「ハロウィーンはブッシュと、サンクスギビング(感謝祭)はケリーと」と書いたバッジを付けている人も。昨日の名物ハロウィーン・仮装パレードでも、「平和のために投票へ行こう!」とか「Xッシュを止めろ!」とか、かなり政治的なメッセージで仮装している人も目に付きました。ごく普通の青年が仮装行列を楽しみながらそんな主張をしているなんて、日本ではなかなか見られませんね。
 やはり自分の直接投票で一国のリーダーを選ぶこと、そして選ばれたリーダーが世界に与える影響が大きいことに、市民が自覚をもっていることを感じます。
 真に民意が反映されるますようにと念じながら、4年前の大統領選で、大接戦が演じられたフロリダでの投票再集計・裁判が思い出されます。結果は出たものの、現地のフロリダ州知事は現ブッシュ大統領の弟ジェブ・ブッシュ氏。全国での一般選挙得票数は民主党代表ゴア氏のほうが多かったのに、独特の「選挙人制度」のため敗北、、、何かすっきりしない。民意を正確に反映しない大統領が生まれる仕組みが、果たして民主主義といえるのか?今回も選挙人登録の重複や単なる引越しで投票不能となるなど、選挙手続きについてすでに重大な問題が指摘されており、市民の中には「今週中にきちんとした結果が出るとは思えないね」という悲観的な意見も聞かれます。住んでみて初めて、民主主義の国アメリカでも大きな課題があることがわかりました。
 米国市民だけでなく、世界中が注目する重大な選挙。公明正大に、迅速に、結果を出してくれることを、世界市民として切に祈りたいと思います。

11月 2日(火曜日) 阿部

事務総長、スーダン政府による国内避難民移送は国際人道法違反と非難

 スーダン政府が南ダルフールの国内避難民を強制的に立ち退かせ、収容設備の整っていない場所に移送したことについて、アナン事務総長は国際人道法違反であると非難し、同国政府に即時停止を要求。

管理担当事務次長、今後の国連の財政状況は微妙であると指摘

 Catherine Bertini 管理担当事務次長は、国連財政に改善がみられるものの、米国、ブラジルをはじめ多くの国はまだ分担金を完納しておらず、今後の財政状況は微妙であると指摘。

事務総長、総会第5委員会に新たな安全対策プランを提出、安全局の新設を提案

 アナン事務総長は、総会第5委員会に新たな安全対策プラン(9700万ドル)を提出し、安全対策に責任を有する従来の3つの事務所を統合し、事務次長が統括する安全局(Directorate of Security)の新設を提案。

副事務総長、オタワ大学政策研究スクールの新設記念式典で講演

 Louise Frechette 副事務総長(UN Deputy Secretary-General)は、オタワ大学政策研究スクールの新設記念式典で講演し、新たな脅威に対する国際的対応を練ることの必要を指摘。

「今日の一言」― 米大統領選 ―

 米大統領選の投票が2日行われ、現職のブッシュ大統領がケリー上院議員を破って再選を決めました。
 ケリー氏は米東部時間3日午前11時過ぎにブッシュ大統領に電話をかけ敗北を認めましたが、同日午後には国民向けに敗北を認める演説を行い、ブッシュ大統領が勝利宣言を行う予定となっています。
 今回の大統領選は、イラク戦争を巡り両候補が真っ向から対立し、米国の国論を二分、大接戦となりましたが、選挙結果に影響を受ける(米国以外の)世界の人々が投票したとすれば、ケリー候補の圧勝だったようです。
 『グローバルボート2004』は、「人類全体で米大統領を選んだら誰が当選するのか」を明らかにするために設置されたオンライン投票サイトですが、ブッシュが9%しか得票できなかったのに対し、ケリーが77%という圧倒的多数の支持を得ています。(http://217.160.163.211/globalvote2004/

 もちろん、選挙は選挙であり、ブッシュ大統領が正統な米国大統領であることに変わりはありませんが、こうした国際社会の意思にも十分配慮しながら、ブッシュ政権は謙虚な姿勢で、2期目の政権運営にあたる必要があると思います。

11月 3日(水曜日) 山本

ブッシュ再選に祝辞:事務総長

 アナン事務蘇張は3日、合衆国大統領選挙におけるブッシュ現大統領の再選の結果を受け、民主党のケリー候補の結果を受け入れる迅速な決定を讃えた上で、ブッシュ大統領に祝辞を述べた。

カルザイ氏が大統領に確定:アフガニスタン

 アフガニスタンの選挙委員会が3日、大統領選挙の結果を正式発表し、カルザイ氏が同国で最初に民主的に選出された大統領に確定したことを受け、アナン事務総長は祝辞を述べた。また国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)の活動を賞賛した。

スーダン政府に国内避難民の強制移動の終結を要請:事務総長

 アナン事務総長はスーダン政府に対し、同国西部の国内避難民が強制的に移動させられている事態を終結させるよう強く要請した。国連人道問題調整部(OCHA)の報告によるとここ数日で300家族以上が避難民キャンプから強制移動させられた模様。

リベリア民兵組織が正式に解散

 これまでリベリア国内で先頭を続けてきていた民兵組織が停戦お及び武装解除に応じ、3日にモンロビアで開催された式典において調印を行い、正式に部隊を解散させた。合意に応じた民兵組織はリベリア民主運動(MODEL;Movement for Democracy in Liberia)・和解民主リベリア人連合(LURD;Liberians United for Reconciliation and Democracy)。

国連支援活動をラジオで紹介:ブルンジ

 国連ブルンジ活動(ONUB)は3日、同国における和平プロセス推進のために、その活動内容を紹介するラジオ番組を開始すると発表した。その番組は同国内5つの放送局で週1回・1時間枠で放送され、フランス語と現地語のキルンディ語(Kirundi)が用いられる。5放送局で同国の90%をカバーするという。

アラブ主張国連邦大統領が逝去

 アラブ首長国連邦の Sheikh Zayed bin Sultan al-Nahayan 大統領の逝去に対しアナン事務総長は3日、弔意を表した。

「今日の一言」 − ラジオの力 −

 大統領選挙について何か書こうかなとも思ってましたが、既に月曜・火曜でコメントされてしまったので別の話題に。
 最後から2番目の記事ですが、何かを使えるのにラジオというのは手っ取り早い手段なのではないかなと最近考えるようになりました。
 最近、日本では台風や地震など立て続けに災害に襲われましたが、その際の避難の指示やさまざまな広報が効果的に伝わらなかったという問題が指摘されています。
 それは通常想定されていた伝達経路及びそれを維持するための電力が遮断されたときに全く効果を発揮できなくなったため、というのが多かったように思います。有線系のメディアは経路が遮断されればそれまでですし、そこそこの電力が必要なメディア(TVやPCがそうですが)ではそもそも停電下では受信することすらできません。通信経路が無線で、受信側が小規模電力(というか電池)ですむラジオというのは、ライフラインが壊滅している状態でもそこそこの広範囲に情報を伝達できる有効な手段といえるのかも知れません。
 内戦終結直後の地域で民主的な選挙を行う際に、情報をいきわたらせるにも小型の携帯ラジオは有効かも知れません。文字を読めない人にも伝えることがでいるからです。
 確かカンボジアが内戦から立ち直る際に、ラジオを送るという運動が展開された時期があったのですが、それがどのくらいの効果を果たしたのか、正確なところを知りたいものです。もしそれが有効であることが確認されたのなら、さまざまな地域にラジオ(と乾電池もですが)を送るプロジェクトを進めることが何らかの役に立つのではないかと思います。

11月 4日(木曜日) KENICHI

アフガニスタン:国連、人質の解放を要求

 誘拐事件から1週間たった今日、国連アフガニスタン支援ミションは、人質として捕らえられている国連スタッフの身上について懸念を表明した。またミッションは、選挙に関するの独立調査グループの終了を知らせた。

FAO:天然資源を保護しつつ食料の安定供給必要

 エチオピアの首都アジスアベバにおける水に関する会議で、国連食糧農業機関(FAO)のルイーズ・フレスコ氏は、天然資源の持続可能な使用の要求と増加する人口に食糧を提供し続ける必要とを同時に考慮する取組みが必要であると注意を促した。

UNESCO:イラクにおける一連のジャーナリスト殺害を非難

 ユネスコは、ラマディでのカメラマン殺害、バグダットでのアルアラビアTVの5人の殺害、またイラクのTV放送局のジャーナリスト殺害を非難した。ユネスコは一連の殺害をイラク国民に恐怖を与える目的で行われたと分析している。

UNESCO:オランダ人映画監督テオ・ファン・ゴッホ氏の殺害を非難

 イスラム教を嘲笑しているとしてイスラム教徒の反感を買っていたオランダ人映画監督T.V.ゴッホ氏が刃物で刺されたうえ、銃で撃たれ死亡した。これを受けてユネスコの松浦事務局長は、この殺害を非難し、「たとえその考えが他を乱すものであったとしても、自分の考えを自由に表明する権利は守らなければならない」と述べた。

2300年、世界人口は90億人に

 国連経済社会局は、西暦2300年の世界の人口は現在の約64億人から約90億人に増加するとの長期的な推計を発表した。この「90億人」との推計は、途上国を含めた出生率が長期的に女性1人当たり2人程度の出産で安定するとの仮定に基づく。

「今日の一言」―世界人口の増加と日本の人口の減少―

 最後の世界人口の推計に関するニュースに関連して。文中にある通りこの推計は、「途上国を含めた出生率が長期的に女性1人当たり2人程度の出産で安定するとの仮定」に基づきます。つまり、「途上国でも先進国並みの出生率で推移すれば」という仮定です。ということは、「少なく見積もって90億人」と考えてよさそうです。なお、国連経済社会局は、仮に現在の出生率が続けば2100年には440億人、2300年には最大で1兆3400億人になるとしています。そんなに住めるスペースは地球にはないと思いますが・・・。何より心配なのは、人口増加に対応して安定的な食糧供給ができるかです。2番目の記事はこの点に関連します。

 一方、日本の人口について国連経済社会局は、2000年の約1億2700万人から2300年には約1億人に減少としています。なお、日本の国立社会保障・人口問題研究所によると、現在の日本の出生率が続けば、2100年には約8000万人(高位推計)にまで減少するとなっています。いずれにせよ、世界人口の動きと逆行して、日本人口は減ります(3000年には1桁になるというのをトリビアの泉でやってました)。
 ところで、世界全体では人口増加で食糧不足が生じる一方で、日本では人口減少傾向にありながら食糧過剰になって、食糧を無駄にしています。日本人がいちばん食糧を無駄に捨てているという報道をかつて見ました。今後、世界的に食糧不足がより問題になれば食糧自給率の低い日本もその影響を大きく受けると考えます。日頃から食べ物を無駄にしないよう心掛けたいものです。

11月 8日(月曜日) Tat

コートジボワール情勢は依然緊迫、外国人が国連ビルに保護求める

 コートジボワール情勢は、依然として大きな懸念を呼ぶような情勢が続いている。外国人が国連ビルに保護を求め、商業の中心都市Abidjanの雰囲気は、数日続いた戦闘の後比較的平穏を取り戻したが、今は非常に緊迫し流動的である。

スーダン:国連指名の検証チーム、ダルフールでの大量殺戮調査へ

 国連が指名した調査委員会がスーダンに到着。国際機関が世界で最悪の人道危機と呼んだダルフール地方で、大量殺戮行為がなされたかを判定するため。

ハイチへ国連安定化ミッションの兵力増強

 160人以上のモロッコ人兵士が昨日ハイチに到着。国連安定化ミッション(MINUSTAH)に合流し、承認された8000人の兵士と文民警察の計画のうち、現在4500人近い正式兵力となった。

国連ミッションとコンゴ国軍が反乱軍に対し合同行動

 コンゴ(DRC)での平和維持軍でこれまでで最大規模の国連との合同行動を実施。東部の Walungu 地域を反乱軍の攻撃から守るためのコンゴ国軍の軍事作戦を支援する。

経済社会理事会にマレーシア人専門家

 マレーシア人の Jomo Kwame Sundaram 氏が経済社会理事会の今年できた新しいポストである事務総長補佐(Assistant Secretary General)に任命された。Sundaram氏は人口統計やマクロ経済のデータ収集・分析をまとめ、Ocampo事務次長の上級顧問も務める。

11月 9日(火曜日) 阿部

事務総長、コートジボワール和平ミッションを歓迎

 アナン事務総長は、ムベキ南アフリカ大統領によるコートジボワール和平ミッション(UNOCI:UN Operation in Cote d'Ivoire)を歓迎し、すべての当事者に対し和平交渉の再開を訴えるとともに、人道状況の悪化に憂慮を表明。

共同選挙監視委、アフガニスタンのカルザイ大統領の当選を確定

 共同選挙監視委(JEMB:the Joint Electoral Monitoring Board)が、アフガニスタンのカルザイ大統領の当選を確定。安保理は報道声明を発し、歓迎の意を表明。

事務総長特別代表、スーダン反政府勢力指導者と会談

 スーダン情勢に関するケニアでの安保理会合開催を前に、プロンク事務総長特別代表は、スーダン反政府勢力指導者 John Garang 氏と会談し、国連の果たすべき役割について討議。

「万人のための教育」に関するハイレベル会合がブラジルで開催

 「万人のための教育(Education for All)」に関するハイレベル会合がブラジルで開催され、演説したユニセフのベラミー事務局長は、各国に対し、男女が同一の教育機会を得るのを確実なものにするよう要請。

「今日の一言」― 保守化ということ ―

 11日付の日経経済教教室に「米の保守化 着実に進む」と題する米大統領選の結果分析(東京大学の久保文明教授)が掲載されていますが、今回の米大統領選挙でブッシュ大統領を勝利に導いた要因として、「テロ」の問題とともに「道徳」が重要だったと指摘しています。
 具体的には、今回の大統領選で重視した問題に関する出口調査で、最も多かったのが「道徳」で、道徳や安全を重視する既婚者では、57%対42%でブッシュ大統領の圧勝だったとのこと。
 米国は、表面上、「イラク戦争」の是非をめぐって分裂しているようにみえますが、信仰心の篤い有権者と世俗的な有権者で、より鋭く分裂している様子が伺えます。ブッシュ大統領は、「強力な指導者である」「宗教的信念を持つ」といったイメージを強く打ち出すことで、大接戦を制することに成功したというのです。
 一方、日本においても、北朝鮮や中国との安全保障上の問題が先鋭化している中で、より強硬な発言する傾向にある政治家が大きな支持を得るけい傾向が強まっているように感じます。
 日米の政治構造を同じ座標軸で評価することはできませんが、日本においても、社会の保守化・右傾化が進んでいるように感じるのは私だけでしょうか。その是非を含め、国民一人一人が「日本政治の現在」について考えていく必要があるのではないでしょうか。

11月10日(水曜日) 山本

コートジボアールの情勢悪化

 コートジボアールでは政府軍が反政府勢力との停戦合意を破って以来、暴動や略奪が頻発し、極めて状況が悪化しており、ルベルス国連難民高等弁務官は同国における緊張が近隣諸国、特にリベリアの情勢を不安定にする危険性があると警告した。

ダルフール地域における人道・安全協定調印

 アナン事務総長は10日、スーダン政府とダルフール西部地域の反政府勢力との間の人道及び安全協定が調印されたことを歓迎し、世界最悪といわれた人道的危機の遅滞なき解決を要請した。

NATO治安維持部隊の適切な規模の維持を要請:事務総長特使

 コソボ事務総長特別代表の Soren Jessen-Petersen 氏は、10日、北大西洋条約機構(NATO)に対し、コソボに派遣している治安維持部隊(KFOR)を、同国の安全を保持するのに適切な水準のプレゼンスを維持するよう要請した。

UNMISETの活動委任期限延長を勧告:事務総長報告

 アナン事務総長は10日、東ティモール情勢に関する報告書を発表し、同国はまだ自足できる段階にまで達していないとし、国連東ティモール支援ミッション(UNMISET)への活動委任期限の6か月延長を勧告した。

多くの途上国で有効なエネルギーサービスの仕組みが必要:UNDP

 国連開発計画(UNDP)の持続可能エネルギープロジェクトマネージャーの Susan McDade は10日、多くの開発途上国では貧困層にエネルギーサービスを有効に供給する確実なステップを踏まなければミレニアム開発目標を達成できないであろうと警告した。

世界の分断の解決を:事務総長メッセージ

 アナン事務総長は10日、ローマで開始された第5回ノーベル賞受賞者世界サミット(World Summit of Nobel Laureates)にメッセージを送り、今世界を覆っている分断を解決し、どのように安全のための共同システムを構築し、開発のための協力体制を構築していけるかについて建設的な議論を行う必要性があると訴えた。

子どもの性的搾取に関するアジア・太平洋地域会合開催

 2001年に横浜で開催された「子どもに対する商業性的搾取に対する東アジア・太平洋地域協議会(East Asia and Pacific Regional Consultation against Commercial Sexual Exploitation of Children)」のフォローアップ会合が3日間の会期で開催され、性的搾取を目的とした人身取引の防止や、搾取者の身柄引き渡し、被害者の本国帰還と社会復帰などに関する了解覚書への署名国は増加しているが、そのような事象の信頼に足るデータの欠如が大きな問題となっていると報告された。

世界の保健に関する報告書を発表:WHO

 世界保健機関(WHO)は10日、報告書 "World Report on Knowledge for Better Health" を発表し、科学的な知識を適切に現場に適用し、単純かつ費用対効果が高い処方を適用するだけで劇的な状況の改善が行われるであろうと報告した。そのために必要なのは高価な薬品・ワクチンの開発や高度な診断・設備の開発ではなく、たとえばマラリア予防のために寝る際に蚊帳を吊ると言った単純かつ効果的な処置である。
 [World Report on Knowledge for Better Health]
  http://www.who.int/rpc/meetings/pub1/en/

11月11日(木曜日) KENICHI

国連総会、アラファト議長を追悼する特別会議

 第59回国連総会は11日、特別会議を開き、当日死去したパレスチナ自治政府のアラファト議長を追悼した。アナン事務総長は会議の席上で挨拶し、「国連は関係方面と共に、中東和平『ロードマップ』計画を実現するために引き続き努力し、その目標はイスラエルと和平共存するパレスチナ国家を樹立し、最終的に中東地域において公正で、恒久的かつ全面的な和平を実現することだ」と述べた。

国連、人道的な救済活動のための援助を呼びかけ

 ますます困難になる資金収集の状況において、国連は17億ドルにのぼる人道的活動のための資金援助を国際社会に呼びかけた。アナン事務総長はこの呼びかけを支持し、たとえ人道的活動が政治的な問題の根本的な解決策とはならなくても、その活動がなければこの世界はより悲惨なものになるだろうと述べた。

スルプスカ共和国、ボスニアヘルツェコビナの障害

 デイトン合意からEU加盟に至る道半ばにおいて、ボスニアヘルツェコビナはスルプスカ共和国という非常に大きな障害につまずいている。同国は、旧ユーゴ国際法廷へ9年間、容疑者を引き渡していない。このような状況において、デイトン和平合意のフォローアップに携わる上級代表は、安保理に対し、同国へ「弁解の時間は終わった」という明確なメッセージを送るよう要求した。

アフガニスタン:国連職員拉致から14日

 国連アフガニスタン支援ミションのスポークスマンは、14日間も国連職員3人が拘束されていることを強調し、再度、拉致を実行した武装組織に対し職員を解放することを訴え、また解放に向けたアフガン当局の継続的な努力を要求した。

国連、インターネットガバナンスの作業部会設置

 国連はインターネットの統治問題について話し合う作業部会の創設を発表した。来年11月にチュニジアのチュニスで開かれる世界情報社会サミット(WSIS)に向け、この問題に関する勧告の作成に当たる。インターネットガバナンスの定義のほか、インターネットのリソース管理、ネットワークセキュリティ、サイバー犯罪、スパムといった問題もテーマとなる予定である。

「今日の一言」―新幹線止まる―

 先日、京都出張の帰りに、東海道新幹線の東京行きの最終に乗ったのですが、静岡での集中豪雨の影響で、4時間半も豊橋で足止めされてしまいました。結局、東京に帰ってきたのが朝5時半過ぎでした。かなり参りました。
 今年は「水」の被害が大変多いです。原因は科学的なものから人知で計り知れないものまでいろいろあると思いますが、ともあれ、自然の猛威には勝てないものです。そういう状況をきちんと受け入れる気構えと周到な準備が必要なんだなと思いました。

11月15日(月曜日) Tat

アラファト氏の逝去後、イスラエルとパレスチナは平和への前進が義務

 パレスチナ人指導者アラファト氏の逝去後の中東情勢を安保理に報告しつつ、ラーセン国連大使が和平プロセス前進を両当事者に訴えた。

国連大使、2005年1月末までにイラク選挙実施へ希望を表明

 Qazi事務総長特別代表は2005年1月までに実施が予定されている選挙について「技術的観点からは」実施可能と述べた。

安保理、コートジボワールに武器禁輸を即日実施

 コートジボワールでの戦闘・暴動を終結させるため、国連安保理は13カ月間の武器禁輸を即日実施、関係者に和平プロセスを回復するため1ヶ月間を与え、さもなければ追加制裁として移動の禁止と資産凍結を実施すると決定。

グアテマラミッション終了、事務総長が成功モデルとして歓迎

 過去数十年にわたり和平プロセスを監視してきたグアテマラミッションを、国連は今日正式に終了。アナン事務総長はこの達成をいずこでも見習われるべき模範であると歓迎した。

事務総長、パウエル米国務長官の「緊密で生産的関係」に謝意

 パウエル米国務長官の退任発表を受け、アナン事務総長はパウエル氏の「賢明な助言と客観的アプローチ」を賞賛し、将来の試みが素晴らしいものであるよう希望。

今日の一言:賢明な助言、愚かな決断

 今日アメリカでも大きく報道されたパウエル氏退任の報を、私は感慨深く受け止めました。アメリカがイラク占領の行動を開始しようとした時、現ブッシュ政権内でも「国連決議をとるべき」と主張した数少ない人物です。政権内の多くの有力者がアメリカの利益のために今すぐ攻撃だ!と叫んでいるときに、待った!をかけるのは非国民呼ばわりされることを覚悟するにも等しい。勇気が要ったことだと思うのです。
 事務総長が「賢明な助言と客観的アプローチ」と評したのは、逆に「愚かな決断と独善的アプローチ」という示唆を読みとることができます。もちろん世界第一級の外交のプロはそんな言葉は使わないのですが。
 彼が去った後のブッシュ政権にも、世界をよく見て「賢明な助言」を与えられる骨太の人物が来てほしい、と切に願います。

11月16日(火曜日) 阿部

人権高等弁務官、イラク・ファルージャの一般市民の状況に懸念を表明

 国連人権高等弁務官(UN High Commissioner for Human Rights)、イラクのファルージャにおける戦闘によって被害を受けている一般市民の状況に深い懸念を表明し、全当事者に対し、その保護を要請。

国連平和維持軍、コートジボワールの主要都市は正常化してきていると指摘

 コートジボワール国連平和維持軍(UNOCI:the UN Operation in Cote d'Ivoire)によると、同国では非常に不安定な状況が依然継続しているが、アビジャンなどの主要都市の生活は正常化してきており、ラジオやテレビも民族間暴力を煽るような放送を控えていると指摘。

安保理、11月18日19日、ナイロビでスーダン情勢に関する会合を開催

 国連安保理は、11月18日19日、ケニアのナイロビにおいて、スーダン情勢に関する会合を開催する。Jan Pronk事務総長特別代表(Secretary-General's Special Representative for Sudan)も安保理に参加する予定。

職員規定違反容疑に関する調査結果、容疑を裏付ける証拠なし

 スタッフ・カウンシル(the UN Staff Council)の要請により、Dileep Nair 内部監査担当事務次長(UN Under-Secretary-General for Internal Oversight Services)による職員規定違反容疑に関する調査が行われていたが、当該容疑が事実であることを裏付ける証拠は見つからず。

「今日の一言」― 保守化する米国(2) ―

 先週の「今日の一言」で、今回の米大統領選挙でブッシュ大統領を勝利に導いた要因として、「テロ」の問題とともに「道徳」が重要だったとの東大教授の指摘を紹介しましたが、これに対し、米国在住の読者から以下のようなご意見をいただきました。
 曰く、今回の選挙結果(=ブッシュの勝利)を導いた争点をつぶさに見ると、「道徳」については、中絶・同性結婚という非常に限られた争点が感情的に扱われたし、「テロ」についても目先の自国の安全のみが強調され、長期的視点や他文化への理解が欠如していた。従って、今回の選挙結果は、有権者の視野の狭さを語るものであって、本来勝利するべきはケリーであったと。
 私は、こうしたご意見に賛同もするし、11月2日付け配信の「今日の一言」でご紹介したように、米国以外の世界の人々が投票したとすれば、ケリー候補の圧勝であったことは間違いないと思います。
 しかし一方で、「勝てば官軍」であることも事実だと思うのです。米国のPBSというニュースサイトが「Life of the Party」と題して、1952年のアイゼンハワー大統領(共和党)時代以来、最も凋落したといえる民主党を、どうすれば建て直すことができるのか討議をしていますが、とても興味深い指摘が含まれています。
http://www.pbs.org/newshour/bb/politics/july-dec04/democratic-party_11-18.html

 「本来勝利すべき」勢力が、実際に「勝利する」、そうした国家・社会を実現していくために、私たちは、ますます、その連帯を深めていかなければならないと思います。

11月17日(水曜日) 山本

イラクにおける人質殺害を非難:事務総長

 先月身柄を拘束されたNGO CAREのイラク事務所責任者 Margaret Hassan 氏が殺害されたことに対し、アナン事務総長は17日、弔意を示し、その残忍な処刑を非難した。彼女は10月19日に拘束されるまで25年以上イラクにおいて救援活動に従事していた。

エチオピア・エリトリア担当の事務総長副特別代表を任命:事務総長

 アナン事務総長はエチオピア・エリトリア担当の事務総長副特別代表(Deputy Special Representative)としてノルウェーの Sissel Ekaas 氏を任命した。彼女はこれまで国連職業農業機関(FAO)の持続可能開発局(Sustainable Development Department)のジェンダー・人口部(Gender and Population Division)の部長を勤めてきた。今月末までに任地である Asmara (エリトリア)に着任する予定。

ユネスコとマイクロソフトがデジタルディバイド解消について協定

 マイクロソフト社とユニセフは17日、教育・社会経済的発展を推進する情報通信技術に対するグローバルな戦略を支援し、デジタルディバイドを解消するための協定に署名した。

遺伝子試験の国際標準を初めて承認:WHO

 世界保健機関(WHO)は17日、血栓ができやすい傾向があることを識別するための遺伝子試験の国際標準を承認した。遺伝子試験における国際標準の承認はこの件が初めてである。承認された標準は第?因子異常分子(Factor V Leiden)として知られるもの。

ライス次期国務長官に祝福のメッセージ:事務総長

 アナン事務総長は16日、合衆国のライス国家安全保障問題担当・大統領補佐官に対し、第2期ブッシュ政権の国務長官に任命されたことを受け、彼女に祝福のメッセージを伝えるとともに、建設的な共同関係の構築を呼びかけた。

国際マイクロクレジット年の開始に向けてメッセージ:UNDP

 国連開発計画(UNDP)のブラウン事務局長は17日、報道陣に対し、国際マイクロクレジット年(International Year of Microcredit)の開始にあたり、低収入の人々がクレジットや貯金・保険のような金融サービスを受けることのできる機会を増やすことは貧困からの脱出の可能性を高めることができると語った。現在世界では10億人が1日1ドル以下で生活をしており、マイクロクレジットはこの数を2015年までに半減させるとのミレニアム目標を達成するための強力な手段とみなされている。

ロシア南部における異民族間対話促進プログラムを開始:ユニセフ

 9月に北オセチア共和国ベスランの小学校で発生した虐殺事件を受けて、ロシア南部における異なる民族間・宗教間の対話の促進が求められており、ユニセフは平和と寛容を促進するためのプロジェクトに着手することを発表した。このプロジェクトは来年1月から開始される。

11月18日(木曜日) KENICHI

京都議定書、90日後に正式発効

 ロシアは18日、地球温暖化防止のための京都議定書批准書を国連に寄託した。同議定書は90日後に正式発効する。批准書は、ともに国連安保理の特別会合のためナイロビを訪問中のロシア国連大使から、アナン事務総長に提出された。

アフガニスタン:ケシ栽培急増、作付面積が前年比64%増

 国連薬物犯罪事務所は、アフガニスタンで、アヘンの原料となるケシの2004年の作付面積が前年比64%増の13万1000ヘクタールとなり、同国史上最大を記録したとする報告書を発表した。同事務所は、全国規模で収入源の乏しい農民がケシ栽培に再び頼っていると指摘している。

アフガニスタン:国連職員拉致から3週間

 国連アフガニスタン支援ミッションは、あらためて3週間前に拉致されたも国連職員3人の解放を要求した。ミッションのスポークスマンは「我々の最大の要求は、3人を発見し保護できる場所まで誘拐犯が彼らを連れてくることだ」と述べた。

事務総長「マイクロクレジットは貧困層の権利」

 アナン事務総長は、国際マイクロ・クレジット年開始に際して放送されたビデオメッセージで、マイクロ・クレジットというファイナンス方法を支持した。事務総長は「マイクロクレジットは、慈善事業ではなく、低所得世帯に通常の人々と同様のサービスにアクセスすることを可能にするものである」と述べた。

イラク:人権高等弁務官、NGO職員殺害を非難

 イラクにおけるNGO職員マーガレット・ハッサン殺害事件について、ルイーズ・アルブール人権高等弁務官はこれを強く非難するとともに、同国で拘束されている全人質の即時解放、および武装勢力による市民に対する無差別攻撃の停止を要求した。

「今日の一言」―京都議定書、正式発効―

 1番目のニュースに関連して。ロシアの批准により採択から約7年の月日を経て、ようやく地球の温暖化ガスを削減するための「京都議定書」が発効します。この議定書の規定によると、2008年から2012年にかけて、主要先進工業国は二酸化炭素などの六種類の温暖化ガスの排出量を、1990年の数値より平均5.2%減少させ、欧州連合は8%、アメリカ(未批准)は7%、日本は6%とそれぞれ減らすことになっています。
 温暖化ガスの排出により国境を越えて様々なところに悪影響が出てきます。経済学ではこのような影響を「外部効果(外部不経済)」として捉えます。詳述は避けますが、「自由な市場」ではこういった悪影響は一人歩きして拡大する一方、よい影響は一人歩きせず過少にしかもたらされません。
 国内社会であれば、「政府」が出てきてある程度強制的に問題を解決できますが、国際社会にはすべての国家の上に位置する「政府」が存在しないので、温暖化ガスの排出という悪影響を防ぐ為に自主的に交渉し、問題を解決していかなくてはなりません。このとき、国益か地球益かという選択を国家は迫られます。米国は、「京都議定書はアメリカの経済発展に支障がある」として国益を重視し、批准を拒否しています。
 京都議定書は発効しますが、その実質的な効力を確かなものとするためには、1990年時点で世界のCO2排出量の25%以上を占めている米国が批准し、その義務を果す必要があります。米国に対して国際社会がいかにして圧力をかけ、地球益を実現していくかが今後注目されます。

11月22日(月曜日) Tat

アナン事務総長、イラク国際会議直前にエジプト入り

 コフィ・アナン国連事務総長は22日月曜、23日開かれるイラクについての国際会議に出席するためエジプトのSharm el-Sheikhに到着。

コートジボワール情勢は予測不可能、難民への供給源足りず

 コートジボワール情勢は落ち着いているが、現在予測不可能であると西アフリカの国連ミッションは報告。ほぼ2年保たれた政府と反政府軍の停戦協定が、政府による北部反政府軍への攻撃によって破られたため、新たな武力衝突が勃発しほぼ3週間経つ。

ハイチの治安情勢は非合法兵器の拡散で悪化

 過去三ヶ月にかけて、更なる暴力の増加によりハイチにおける治安状況は悪化しており、特に都市部からの違法兵器除去を強化する必要がある、とアナン事務総長はカリブの貧困にあえぐ当国に関する最新報告で述べた。

国連機関はミャンマーの強制労働疑惑を調査する意向

 国連国際労働機関(ILO)の理事会は、ミャンマーの政権交代を受け、上級ミッションを送り強制労働疑惑を調査することを決定した。

国連職員組合リーダー、ジュネーブで事務総長への“全幅の信頼”を表明

 ニューヨークの国連職員組合リーダーが国連上級管理職に対する懸念を表明したのは不正確な解釈とし、その後に4000強の国連職員組合のリーダーがジュネーブに結集し、コフィ・アナン事務総長への“全幅の信頼”を表明した。

11月24日(水曜日) 山本

ウクライナ大統領選挙をめぐる混乱に懸念を表明:事務総長

 アナン事務総長は24日、ウクライナ大統領選挙の決選投票に絡む混乱について懸念を表明し、「国連としては本来その選挙の処理に関してコメントする立場にはないが、現在の膠着状態が解消され、信頼できる選挙プロセスが確保されることが重要である」と発表した。

身柄を解放された3人の職員が業務復帰へ:アフガニスタン

 約1ヶ月間身柄を拘束され、23日に解放された国連選挙支援活動員3名は、拘束されていた間の支援に感謝し、業務に復帰できることを楽しみにしていると語った。

コートジボアールへの人道支援スタッフ帰還開始

 国連人道関係調整事務所(OCHA)の報告によれば、反政府勢力の停戦協定に対する違反により暴力が復活していたコートジボアールが沈静化に向かっている状況を受け人道支援スタッフが現地への復帰が開始された。

フィリピンにおけるジャーナリスト殺害を非難:ユネスコ

 ユネスコの松浦事務局長は23日、フィリピンにおけるジャーナリスト殺害を民主主義の根幹を侵食するものとして非難した。同国ではこれまでに6名のジャーナリストが職務中に殺害されている。

飢餓人口半減化へのガイドラインを採択:FAO

 国連食糧農業機関(FAO)は2015年までに世界の飢餓人口を半分にするとのミレニアム開発目標(MDB;Millennium Development Goal)を実現するためのガイドラインを採択した。

食糧生産は豊かであるのに栄養失調が蔓延するラテンアメリカ

 世界食糧計画(WFP)と ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC;UN Economic Commission for Latin America and the Caribbean)が合同でキト(エクアドル)で開催したラテンアメリカ・カリブ海地域の食糧事情に関する国際会議の席上、同地域の食糧生産は居住人口の3倍をまかなうことができるのに対し5歳以下の子どもの20%が栄養失調で苦しんでいるという現状が報告された。

11月25日(木曜日) KENICHI

IAEA事務局長、イランの核開発問題に言及

 国際原子力機関(IAEA)の定例理事会でエルバラダイ事務局長は、核不拡散条約追加議定書に基づく検証作業により、イラクはもう未申告の核開発活動をしていないことが保証されると述べた。一方、事務局長は韓国の事例を引用しつつ、強化された審査体制が実を結んでいることを強調した。

事務総長、イラク問題のためにアフリカ訪問を短縮

 アナン事務総長は今日、予定よりも1日はやくアフリカから国連本部に戻り、イラク問題に取り組む。

国連職員、女性への暴力排除の必要性を強調

 国連職員は、男性と同様に女性がその権利と自由を享受できる世界の構築の必要性を強調した。職員の1人は「女性に対する暴力は世界的広がりを持ち、あらゆる社会で生じている」と述べた。

11月30日(火曜日) 阿部

脅威・挑戦・変革に関するハイレベル・パネル、報告書を事務総長に提出

 脅威・挑戦・変革に関するハイレベル・パネルは、ニューヨーク国連本部において、"A more secure world: our shared responsibility" と題する報告書をアナン事務総長に提出。100を超える提言の中には安保理改革に関するものも含まれる。

国連およびパートナー機関、スーダンへの緊急援助に資金拠出を要請

 国連およびパートナー機関は、スーダンへの緊急援助(2005年)として、15億ドルの資金拠出を要請。この額は今年の2倍を超えるもので、ダルフール危機事態における援助活動のための5億ドルを含む。

安保理、イラクにおける国連部隊支援のための信託基金を設置

 国連安保理は、公式会合を開催し、アナン事務総長への書簡を承認、イラクにおける国連プレゼンスを警護する部隊の財政支援のための信託基金を設置。

事務総長、ミャンマーにスーチー氏を含む政治犯を解放するよう要請

 ミャンマーにおいて拘禁者9000人が釈放されると伝えられることを受けて、アナン事務総長は、ミャンマー当局に対し、アウンサンスーチー氏を含む政治犯も解放するよう要請。

12月1日は世界エイズ・デー

 12月1日は世界エイズ・デー。国連平和維持局のHIV/エイズ政策アドバイザーはUNニュース・サービスに対し、国連平和維持活動が展開している地域で平和維持兵たちを対象にしたHIV予防プログラムを実施することによって、エイズの広がりを防ぐことができると指摘。

「今日の一言」― 世界エイズ・デー ―

 12月1日は「世界エイズ・デー」。ロンドンエコノミスト誌は、論説で、男性の性差別意識が女性のエイズ感染を拡大していると指摘し、男性によるレイプ、DV、不貞の責任は大きいと指摘しています。
 日本は、先進国の中では珍しくHIV感染者数が増加している国です。こうした意義を留めるための日には、改めて多くの人にHIV・エイズについて考えていただきたいと思います。

http://www.unaids.org/WAD2004/index.html
http://www.economist.com/

SUN Banner
Updated : 2007/02/16