Location : Home > Daily News
Title : June 2004
SUN Banner

5月分へ|メニューへ7月分へ→

2004年 6月
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

 6月 2日(水曜日) 山本

イスラエルのガザ地区の小学校への攻撃を非難:UNRWA

 UNRWAのハンセン事務局長(Commissioner-General Peter Hansen)は2日、イスラエル軍によるガザ地区ラファのパレスチナ学校に対する攻撃を非難した。イスラエル軍によってガザ地区の学校には国連旗が掲げられており攻撃の対象とならないようにしているが、そのような取り決めが蹂躙されたこと("violation of the sanctity")はここ1年ほどで2度目である。この攻撃で10歳の児童が2人亡くなっている。

UNFICYPの活動委任期限延長を勧告:事務総長

 アナン事務総長はキプロス情勢に関する最新の報告 S/2004/427 を提出し、国連キプロス平和維持軍(UNFICYP)への活動委任期限を6か月延長することを勧告した。

ギリシャ政府とUNEPがオリンピックの環境負荷低減に関する協定に調印

 国連環境計画(UNEP)とギリシャ政府は2日、アテネオリンピックにおける環境負荷低減のための努力に対する協力に関する協定に署名した。

国連総会にもっと権限を:総会議長

 Julian Robert Hunte 総会議長(セントルチア)は2日、報道陣に対し国連改革に関して語り、様々な問題に対処するために総会はもっと多くの権限を与えられるべきであると強調した。また安保理を15か国から25か国程度に拡大するとともにドイツや日本も常任理事国になるだけの資格があるとも語った。

テロリストの核入手を阻止するための報告を提出:IAEA

 国際原子力機関(IAEA)は核兵器がテロリストの手に落ちるのを阻止する戦いの重要性を強調し、各取引の防止を支援するために、ありうる核の入手シナリオを示した報告書を公開した。
[Promoting Nuclear Security Possible Terrorist Scenarios]
http://www.iaea.org/NewsCenter/Features/NuclearSecurity/scenarios20040601.html

持続可能なエネルギーシステムの拡大を要請:FAO

 国連食糧農業機関(FAO)のベスト(Gustavo Best)上級エネルギー調整官はボンで開催中の再生エネルギー国際会議(International Conference on Renewable Energies)に参加し、バイオマスや風力など持続可能なエネルギーシステムの採用を拡大する必要性を強調した。
 [ International Conference on Renewable Energies ]
  http://www.renewables2004.de/en/2004/default.asp

 6月 3日(木曜日) KENICHI

国連、コンゴへの補充部隊派遣を検討

 反政府武装勢力によるブカブ村の占領が宣言された後にコンゴ民主共和国において反国連のデモ行動が広がっていたが、平和維持部隊長は今日、反政府武装勢力がブカブ村から撤退したこと、また国連部隊が強化される可能性が高いことを表明した。

イラク外相、安保理へ新決議を要求

 イラク外相は、イラク暫定政権の代表として安保理で発言し、「6月1日、イラク国民はその主権と独立の回復のための第1歩を踏み出した」と宣言し、6月30日に予定されている主権移譲に関する新決議を期待していることを表明した。

キプロスのギリシャ系大統領、事務総長へ調停の再開を要請

 キプロスのパパドプロス大統領は、アナン事務総長と会談し、キプロス分裂問題の調停再開を要請した。会談の中で大統領は「事務総長の関与がなければ、議論の進展はなかった」と述べている。

リベリア、安保理で制裁解除のための口頭弁論

 リベリア国連特別代表は、リベリアの状況を検討するために今日開かれた安保理で、同国の不可逆的な平和のプロセスについて言及した。一方、移行政府のリベリア大統領は、安保理によって課されている材木とダイヤモンドの取引に関する制裁解除のための口頭弁論を行った。

アフガニスタン:国境なき医師団5人殺害

 アフガニスタンで活動する国連チームは、国境なき医師団5人の殺害の報告に対しショックと憤慨を表明した。一方、アフガニスタン国連特別代表は、この殺害行為を非難し、アフガニスタンに対し犯人の逮捕と裁判を要求した。

 6月 7日(月曜日) Tat

イラクの政権移譲中は支援続行すべき、と安保理

 安保理がイラクに関する決議案を間もなく承認する構えであるところ、コフィ・アナン国連事務総長と特別顧問Lakhdar Brahimi氏は、6月30日の主権返還で迎える“政治的過程の新たな局面”で諸課題に取り組むイラクとその新・暫定政権を引き続き支援するよう、国際社会に対し強く要請した。

アナン事務総長、スーダンのダルフルでの人道活動家解放を歓迎

 コフィ・アナン国連事務総長は、紛争下のスーダン西部ダルフル地方で反乱軍によって捕らえられていた人道活動家16人が無事解放されたニュースを歓迎した。

コンゴ(DRC)東部の反乱軍はほぼブカブから撤退

 2つの反乱軍は、コンゴ民主共和国(DRC)東部の大学都市・ブカブからほぼ撤退したが、一方のグループの約100人が未だ残留を続け、別のグループは、ブカブ北部に位置する空港近くに駐留している、と国連スポークスマン語る。

国連高官、パレスチナ難民の救助活動支援を強く要請

 国連高官は、ジュネーブで開かれた支援国間会合において、数百万人ものパレスチナ難民を助ける援助活動の為の財政支援を強く要請した。

アフリカ専門家が国連会議で人口問題の進展を検討

 国連人口基金(UNFPA)の報告によると、アフリカの人々は人口問題によって投げかけられた開発のための多くの課題への取り組み方を学んできたが、未だに貧困削減、持続可能な開発、そしてHIV/AIDSの蔓延に関する制約に直面している。

 6月 9日(水曜日) 山本

エリトリアで深刻な旱魃が発生

 国連人道関係調整事務所(OCHA)は9日、エリトリアで深刻な旱魃が広がっており、人々は新たな水源を求めて、動物たちは新鮮な牧草を求めて移動を始めていると伝えた。しかもバレンツ(Barentu)で発生し、5名が死亡、88名が負傷した爆弾テロにより、本来バレンツで開催されるはずであった世界食料計画(WFP)による作業部会の開催が延期され、支援が行き届いていない状況である。

北京で中東の平和促進に関するメディアセミナーを来週開催

 来週の水曜・木曜の2日間にわたり、中東における公正かつ永続的な平和の促進を目指した市民社会の役割に関する国際メディアセミナーが国連と中国の共催により北京で開催される予定。このセミナーは1991年に採択された国連総会決議にしたがって設立され、今回で12回目の開催。

反政府勢力がブカブから撤退:コンゴ民主共和国

 国連コンゴ民主共和国ミッション(MONUC)は6日、反政府勢力によって占拠されていた同国東部の街ブカブ(Bukavu)から撤退を開始したと発表した。

暴力が大きな経済的コストの原因に

 世界保健機構(WHO)は6日、ウィーンで開催されている障害防止と安全促進に関する会議の席上、暴力が経済に与える影響に関する報告書「個人間暴力の経済的側面(The economic dimensions of interpersonal violence)」を提出し、暴力が原因となった障害で国内総生産の4%を損失している国もあると警告し、暴力は身体的・心理的だけでなく経済的な影響も大きいと指摘した。
 報告書では、毎年160万人が暴力がもとで身体的・性的・精神的な問題を抱えて亡くなっていると指摘している。

[The economic dimensions of interpersonal violence]
 http://www.who.int/violence_injury_prevention/publications/violence/economic_dimensions/en/
報告書本文(PDF)
 http://www.who.int/entity/violence_injury_prevention/publications/violence/en/economic_dimensions.pdf

「今日の一言」 − 暴力 −

 最後の記事については、本文でその報告書の概要をいくつか説明しています。たと えば

など、さまざまなショッキングな事実が指摘されています。

 最近、国内外で様々な信じられない事件が多発しているしているのですが、そういう事件を見ていると、どうも、能力が有り余った者がその過剰を吐き出すために周囲に力を及ぼしているのではなく、弱い者、怯える者がその不安を解消したり紛らわしたりするためにとる行動が暴力という形をとってしまっているような気がします。そしてその「怯え」が「現在の地位や状態が失われるのがコワイ」という点にほとんど絞られるような気がしています。
 すなわち、「力」の過剰ではなく、「力」の不足の自覚が暴力を生み出してしまうのではないか、と。
 奪われた何かを取り戻す、回復のための「暴力」ならば、その「何か」を別の方法で回復でいれば暴力という手段を取らせないことも可能になると思うのですが、奪われないための暴力というものはなかなか対策を採りにくい困難な問題だと思います。

 6月10日(木曜日) KENICHI

ガボン外相、国連総会議長に選ばれる

 ガボン外相のジャン・ピン氏は9月14日から開催される第59回国連総会の議長に選ばれた。ピン氏は、組織の再生に必要不可欠な努力をしていくことを約束した。ピン氏は「武力紛争、テロ、武器の拡散、エイズの感染、貧困の拡大などがもたらす脅威に対するより一層の意識を喚起するために我々は共々に行動しなければならない」と述べた。

アフガニスタン:国連代表、中国人作業員11人の殺害を非難

 アフガニスタンのアルノー事務総長別代表は、アフガニスタン北部クンドーズ州で起きた武装集団による道路工事現場襲撃の際の中国人作業員11人殺害を、もっとも強烈な表現で非難した。アルノー氏は、中国政府、被害者の家族・親族に対し弔辞を送った。

事務総長、ブラジル・サンパウロへ

 アナン事務総長は国連貿易開発会議に出席するためサンパウロへ向かう。また、ブラジルやボリビアの大統領といった指導者との会談も行う。今回の会議では、国家開発戦略と世界経済プロセスとの間の一貫性を強化する必要性について議論される。

持続可能な開発:明年1月に島嶼国に関する国連会議開催決定

 発展途上の島嶼国における持続可能な開発のための行動計画の実施を検討する国際会議を2005年1月10日から14日にかけて開催することが国連総会で決定された。また、総会は2005年を「国際物理年」とすることを宣言した。

毒性PCB排除のための国連会合開催

 ジュネーブで2日間にわたり開催された国連環境開発計画後援の会合に出席した世界中の政府関係、援助機関、経済界の参加者の目指す目標は、「PCB(ポリ塩化ビフェニル)を地球上から除去する」ことであった。PCBは環境を汚染する高度の毒性を持った化学物質で、大気、水、土壌、食物に拡散しやすく、人間や動物の脂肪組織に吸収される。

 6月14日(月曜日) Tat

国際貿易の不均衡は差別的、とアナン事務総長

 新しいルールが自由貿易達成を図り、国際貿易の障壁を無くすというなら、問題は首尾一貫性のなさではなく、国連貿易開発会議(UNCTAD)が反対すると人々に期待されているある種の差別にこそある、とブラジルのサンパウロで事務総長は各国首脳に語った。

スーダンの政府軍・市民軍は残虐行為を犯している、と国連報告

 政府軍・市民軍はスーダンのダルフール地方の村々で、市民に対し残虐行為を犯している、と国連人権専門家はスーダンでの13日間の視察を完了して昨13日に報告。

スーダン・ダルフルの民間人支援、一部に進展

 国連援助機関は、スーダン・ダルフール地方での紛争による国内避難民および難民百万人以上の人々への食糧および住居の供給を達成したとしつつも、安全な水・衛生・予防接種・栄養を供給するには程遠い状況にある、と国連人道援助職員語る。

安保理、戦渦での民間人保護努力を強化するよう強く要請

 少なくとも1千万人の人々が世界中20ヶ所での紛争により拘束され、支援職員との接触を絶たれている、と国連人道援助の上級職員は語り、安保理に武力衝突下での民間人保護努力を強化するよう強く要請した。

イランは核活動申告に透明性をもつべき、IAEA事務局長

 イランは核活動の申告に自発的かつ完全な透明性をもつべきであり、核プログラムへの疑惑を晴らすためにもこの2−3ヶ月の間にそうするべきである、とIAEA事務局長は語った。

 6月16日(水曜日) 山本

コンゴ民主共和国で発生した虐殺は軍の組織的行為ではないとの報告:MONUC

 国連コンゴ民主共和国ミッション(MONUC)は、同国東部の街ブカブ(Bukavu)で虐殺が発生し、これは軍の命令によろ行われたとの情報に基づき調査チームを派遣していたが、その証拠は発見がさればかったと16日に発表した。
 5月末から6月初めにわたって行われた虐殺では66名が死亡、77名が負傷、31名がレイプされ、147軒の家が略奪の被害に遭った。

ミロシェビッチ被告の無罪の主張を却下:ICTY

 旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)は16日、スロボダン・ミロシェビッチ被告の無罪を主張する法的手続きを却下した。

ハイチ安定化部隊への派遣を各国に要請;安保理

 安全保障理事会は16日、国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH;UN Stabilization Mission in Haiti)への部隊派遣と早期の展開を要請した。

スーダン南部における社会指標の報告書が提出

 ユニセフはアフリカの子どもデー(Day of the African Child)の16日に発表したスーダン南部の子どもの置かれている状態に関する報告・「ベースラインに向かって:南スーダンにおける社会指標の最良推定値(Towards a Baseline: Best Estimates of Social Indicators for Southern Sudan)」によると、南スーダンでは妊娠した女性の9人に1人が妊娠中または出産時に死亡し、100人に1人の少女が小学校を卒業する前に妊娠することが判明。

テイラー前大統領関連の資産凍結対象者リストを公開:安保理

 安全保障理事会は15日、チャールズ・テイラー(Charles Taylor)前リベリア大統領の任期中の不正蓄財に関する捜査を迅速に行うため、資産凍結の対象者リストを公表した。

出稼ぎ労働者を保護する計画に同意:ILO

 国際労働機関(ILO)は16日、世界8600万人の出稼ぎ労働者に対し国際労働標準の保護を与える新しい計画に同意した。

砂漠化と戦う世界デー

 アナン事務総長は6月17日の「砂漠化と戦う世界デー(World Day to Combat Desertification)」にちなんでメッセージを発表し、約1億3,500万人が砂漠化のために土地を奪われる危機に瀕していると警告し、世界がこの傾向を反転させるために焦点をあてなければならないと強調した。
 今年は国連砂漠化抗条約(UNCCD;UN Convention to Combat Desertification)締結後10周年にあたる。
 世界では砂漠化のためには年600万ヘクタールが失われ、特にサブサハラ地域では2020年までに6000万人がサブサハラ地域から北アフリカまたはヨーロッパに移住しなければならないと推定されている。

アナン事務総長、タンボ最高勲章を受章

 アナン事務総長は16日、タンボ最高勲章を授与された。
 タンボ勲章(Order of the Companion of O.R.Tambo)は南アフリカ共和国が、同国との友好を示し、平和構築・連帯などに貢献した外国籍の個人に対し与えられるもので、最高勲章(Supreme Companion of O.R.Tambo)はその最上位。

「今日の一言」 − タンボ勲章 −

 タンボ勲章って何だ? と私自身も思ったのでもうすこし詳しく説明します。
 国家がその国に貢献した国民または外国人に勲章を授与することはよくあることですが、タンボ勲章は南アフリカ共和国が設定したものです。これには、著しい国際的な業績をあげた国民に与えられるマプングブェ勲章(Order of Mapungubwe)、政治・経済・文化・科学技術などの分野で傑出した成果を果たした国民に与えられるバオバブ勲章(Order of Baobab)、そして今回事務総長が受章したタンボ勲章です。
 勲章の名前になっている O.R.Tambo は、ネルソン・マンデラ氏と法律事務所の共同経営者であり、1967年から1978年までアフリカ民族会議(ANC)の議長を務めていた Oliver Reginald Tambo 氏を称えたものです。

 6月17日(木曜日) KENICHI

事務総長、「イラクへの国連の復帰、いまだ状況が許さず」

 アナン事務総長は、「状況が許すならば」国連のイラクへの復帰を計画するという安保理の決定に肯定的な評価を与えつつも、イラクにおける暴動の状況に「非常に懸念がある」ことを表明した。事務総長は「国連の復帰のためだけではなく、イラクの復興、またイラク市民のためにも安心できる環境が保証されるようすべてのことがなされることを求めている」と述べた。

コソボ:3月の暴動以降、国連警察により270人逮捕

 国連スポークスマンによると、コソボの国連警察は、3月の破壊的暴動に関わったとされる容疑者およそ270人を逮捕した。この暴動は3月17日から20日にかけてコソボで起き、19人の死者、数百人の負傷者をもたらした。

アフガニスタン:選挙人名簿登録、400万人に

 国連アフガニスタン支援ミッションは、400万人のアフガニスタン人が9月に予定されている大統領選挙および議会選挙の選挙人名簿登録されることを発表した。女性の比率は35.8%まで上昇し、先月に比べ3割増加した。

ユニセフ、シエラレオネ特別法廷の決定に満足

 ユニセフは、シエラレオネ特別法廷において下された「15歳以下の子どもの徴兵あるいは子どもを戦闘に利用することは国際法上、戦争犯罪にあたる」とする判決を歓迎するとする声明を発表した。

2003年のコカ生産、著しい減少

 国連麻薬犯罪事務所(ONUDC)の代表は、コロンビア、ボリビア、ペルーに関する3つのレポートがコカ栽培の減少を示していることを指摘した。ONUDCの代表によれば、コロンビアにおけるコカ栽培地面積は、2003年に16%減少した。

 6月22日(火曜日) 阿部

事務総長、イラクでの韓国人通訳殺害を最も強い調子で非難

 アナン事務総長は、先週イラクにおいてテロリストの人質となった韓国人通訳が殺害されたことを最も強い調子で非難するとともに、イラクで人質となっているすべての人々の解放を要求。

事務総長、紛争後の平和建設における市民社会の役割について安保理で演説

 紛争後の平和建設における市民社会の役割に関する安保理公開討議において、アナン事務総長が演説し、安保理が市民社会組織とのつながりの強化を図っていることを賞賛するとともに、国連の討議プロセスへの市民社会組織の一層の参加の必要を指摘。

ユニセフ、アフリカ西部・中部が過去最悪のポリオ蔓延状況に直面していると指摘

 国連児童基金(UNICEF:the UN Children's Fund)は、アフリカ西部・中部が過去最悪のポリオ蔓延状況に直面しており、千人単位の子どもたちが麻痺を患う可能性が高いと指摘。

事務総長特使、南部アフリカ視察訪問を終えるにあたって会見

 モーリス事務総長特使は、南部アフリカ視察訪問を終えるにあたって会見し、HIV/エイズにより保健衛生師や教員などが数多く死亡していること等が地域の安定を損なっていると指摘。

事務総長、国連兵力引き離し監視軍に関する事務総長報告を発表

 アナン事務総長は、国連兵力引き離し監視軍(UNDOF:the UN Disengagement Observer Force)に関する事務総長報告を発表し、緊張する中東情勢を踏まえ同監視軍の任期を半年間延長するよう勧告。

「今日の一言」― 選挙 ―

 ブッシュ米大統領と欧州連合(EU)の首脳会議が、26日土曜日にアイルランドの古城で行われ、大統領はイラク戦争に関するEUとの亀裂の終結を宣言しました。大統領は、イラク戦争をめぐる米欧の対立が過去のものになったとの認識を示し、30日のイラクへの主権移譲を前に、米欧が一致して暫定政府の支援に取り組んでいくとのメッセージを打ち出すことに成功しました。
 また、明日からトルコのイスタンブールで開催されるNATO首脳会議では、イラク治安部隊へのNATOの協力を取り付ける模様です。
 こうした成果を得るために、米国も相当の妥協を迫られたわけですが、すべては11月の大統領選挙のため。大統領選挙でイラク問題をできるだけ争点にしないために必要な妥協をホワイトハウスは厭わないことでしょう。日本でも参議院選挙が2週間後に迫っていますが、国際政治を見る際には、各国の内政、中でも選挙情勢を踏まえておくことが不可欠であると改めて感じます。

 6月23日(水曜日) 山本

ダルフールで民兵組織が攻撃

 スーダンのダルフール地域で活動している国連現地職員からの報告によるとアラブ系民兵組織ジャンジャウィード(Janjaweed militias)が同地域で攻撃を行っており、6人の非戦闘員を殺害した模様。

ブルンジに食料不足の恐れ

 エックハルト報道官は23日、ブルンジにおいて乾季が例年よりも早く到来したために、8月からの5か月間は食料不足になるであろうと発表した。乾季の早い到来は豆の生産に影響を与えるのに加え、同国の北部及び東部ではウィルスのためにキャッサバ畑が壊滅状態になっている。

コートジボアールの虐殺に対する調査委員会設立

 コートジボアールで2002年から2003年にわたって行われた人権と国際人道法に対する重大な侵害に対し独立調査委員会(Independent Commission of Inquiry for Cote d'Ivoire)を来年1月に設立することが決定された。

合衆国が国連平和維持活動参加兵士の免責特権を要求

 合衆国政府は23日、国連平和維持活動へ派兵されている兵士は国際刑事裁判所からの訴追を受けないとする免責条項が認められなければ、平和維持活動の任期延長を定める安保理決議に賛成しないと発表した。自国兵士の免責特権を認める決議は2002年7月に採択されて以来1年ごとに合衆国は延長を求めてきていた。

国連パブリック・サービス・デー

 国連パブリック・サービス・デー(UN Public Service Day)である23日、アナン事務総長は声明を発表し、全ての国に、パブリックサービスに従事している人々の労働条件の再検討を要請し、健全な行政が民主的な統治を促進するとともに世界的な反貧困という目的に達することができると強調した。

代替医療品の安全性に関するガイドラインを発表:WHO

 世界保健機関(WHO)は23日、代替医療品(alternative medicines)の安全性に関するガイドラインを発表した。発展途上国では最高80%が健康維持のために伝統的な薬に依存している。

「今日の一言」 − 代替医療品 −

 「代替医療品」と訳される alternative medicines ですが、具体的に言えば漢方薬であったり、ハーブ(薬草)であったりするわけです。古くからアジアやアフリカで用いられていた民間療法で用いる薬のことです。そういえば私の実家の庭にもいわゆる「医者いらず」(アロエのことですが)が生えていたような気がします。
 もちろん、効果のあるものもあるでしょうが、中には衛生的にどうよ、っていうものもあるでしょう。それが原因で症状が悪化するようなことがあってはならないのでガイドラインを設定しようというのが最後の記事の内容のようです。

 "alternative" の辞書的な意味は「二者択一の」とか「代替の」ということになるんですが、いろんな用法を見ていると、実際には、「(欧米の伝統から見て)普通のやり方とは違う、別の選択肢」みたいなニュアンスを持つことが多いような気がします。個人的には少し「なんだかなぁ」という感じをもつ単語ではありますね。

 6月24日(木曜日) KENICHI

事務総長、企業と労働組合により公平で安定した世界の構築を呼びかけ

 アナン事務総長は、企業の経営者、労働組合や非営利団体の責任者らに対して、国連とともにより公正で公平な世界の構築のために行動するよう呼びかけた。事務総長は彼らに「あなた方はグローバリゼーションを導き、そしてそれから多くの利益を享受した。そして、あなた方は未来に向かってグローバリゼーションに希望をもたせる責務がある」と語った。

事務総長、中央アフリカの暴動の再発に懸念を再表明

 アナン事務総長は、中央アフリカにおける安全保障問題にかかわる国連諮問委員会の会合(赤道ギニア,マラボで開催)の際に、コンゴ民主共和国やスーダンのような幾つかの地域で暴動が再発していることへの懸念を繰り返し述べた。

アフガン選挙:国連ミッション、政治的権利の尊重に関する監査

 国連アフガニスタン支援ミッションは、「武装解除・動員解除・社会復帰」(DDR)プログラムが継続する一方で、選挙のための政治的権利に関する監査を実施する。他方、ユニセフは子ども兵士の社会復帰プログラムを開始する。

アフガニスタン:国連食糧計画の実質的援助継続

 国連食糧計画は、食糧の安定において著しい向上が達成されたと国連アフガニスタン支援ミッションが認めているものの、引き続きアフガニスタンへの実質的な食糧供給を行う。また、水の衛生のための新たなキャンペーンが開始される。

UNRWA・パレスチナ自治政府間で住宅建設の合意

 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、パレスチナ自治政府との合意書にサインし、これによりガザ地区ラファのホームレスのために400棟の新たな住宅を建設するための土地を供与することになった。

 6月30日(水曜日) 山本

コートジボアール:国連平和維持活動派遣に合意する署名

 国連とコートジボアール政府は29日、国連コートジボアールミッション(ONUCI)の派遣に関して合意し、アビジャンで署名した。署名に参加したのはコートジボアールの Bamba Mamadou 外相と Albert Tevoedjre 事務総長特別代表である。この合意に従い、ONUCIは約7,000人の陣容で同国内の停戦合意の監視任務にあたる。

シエラレオネでのヘリコプター墜落に調査チームを派遣

 29日にフリータウン(シエラレオネ)近郊で発生し、24名の国連活動員を亡くしたヘリコプター墜落に対し国連及びロシアから調査チームを派遣すると国連報道官が発表した。

ようやく連立政権樹立へ:カンボジア

 アナン事務総長は30日、カンボジアの2政党が連立政権を結成する合意書に署名したことを歓迎した。昨年の選挙実施時にカンボジア人民党が過半数をとっていたが、単独政権樹立に必要な議席数を確保できなかったため連立交渉がなされており、今回ようやくフンシンペック党と合意し、政権の空白を埋めることができた。

イスラエル・パレスチナにロードマップの義務遂行を要請:事務総長

 アナン事務総長は30日、ケープタウンで開催されたパレスチナ人の不可譲の権利に関する委員会(Committee on the Exercise of the Inalienable Rights of the Palestinian People)主催の会合にメッセージを送り、イスラエル・パレスチナ双方に「ロードマップ」に定められた義務の遂行を要請した。

スーダン難民帰還に9,000万ドルが必要

 Kamel Morjane 国連難民副高等弁務官(Assistant High Commissioner at the UN High Commissioner for Refugees)は29日、ジュネーブで報道陣に対し、スーダンにおける内戦が終結し、和平会談が成功すれば50万人にも及び難民を帰還させるために9,000万ドルが必要であると発表した。

バングラデシュ人ジャーナリストの殺害を非難:ユネスコ

 ユネスコの松浦事務局長は30日、ジャーナリズムは民主主義によって重要な要素であるとし、バングラデシュで極左運動が犯罪者集団になりつつあることを指摘していたジャーナリスト Humayun Kabir Balu 氏の殺害を非難した。彼はバングラデシュ南西部ではここ10年で少なくとも14名のジャーナリストが殺害されている。

世界遺産を追加:ユニセフ

 ユニセフの世界遺産委員会(World Heritage Committee)は30日、中国の蘇州で会合を行い、自然遺産を5件・文化遺産を3件追加することを決定した。今回の決定により自然遺産は154件、文化遺産は585件となった。

フィエラ・デ・メロ図書館を開設

 国連はナイロビ(ケニア)にあるアフリカ本部に新たに開設した図書館に、昨年バグダッドでテロに倒れたフィエラ・デ・メロ氏を讃えて彼の名前を冠することに決定した。

SUN Banner
Updated : 2007/02/18